503エラーなんじゃこりゃ!原因と対処法

503エラーで販売チャンスを逃している可能性がある!

503 Service UnavailableService Temporarily Unavailable、これらの表示画面を見たことがありませんか?

「サーバーが壊れた?」
「どういう意味?」

Webサイトでエラーが表示されると、焦りますよね。
Web関係で仕事をしていても、表示されたエラーの内容を説明できる人は意外と少ないです。

503エラーは、アフィリエイトの報酬や集客に大きく影響するものなのです。
503エラーは、レンタルサーバーから送付されるHTTPステータスコードの一つです。

HTTPステータスコード?

HTTPステータスコードでよく見かけるものに、404や503、301、302などがあります。
まず本題の503エラーに入る前に、HTTPステータスコードについて説明します。

Webページを閲覧する時は、FireFoxやChrome、Safariなどのブラウザ経由が一般的です。
Webページを表示させるURLを、ブラウザがリクエストをして、サーバーがレスポンスを返すことで通信が成り立っています。
エラー画面で表示されている3桁の数字が、ステータスコードになります。

サーバーが返すレスポンスには、「ステータスライン」・「レスポンスヘッダ」・「メッセージボディ」の3種類あります。
ステータスラインは、レスポンスの状態を意味します。
レスポンスヘッダは、meta情報が記載されている部分のデータの補足情報です。
メッセージボディは、Webページに問題なくアクセスできた場合に、ブラウザがHTML情報をサーバーから受け取りWebページが表示されます。

HTTPステータスコードは、Webページを表示させるためのやり取りに使われるものなので、普段私達はほとんど目にしないものになります。
しかし、リクエストとレスポンスがうまくいかない場合に、503 Service UnavailableService Temporarily UnavailableNot Foundなどが表示されることになります。

HTTPステータスコードには、大きく分けて5種類あり、100番台~500番台まであります。
百の桁で、異なる意味にわけ理解させていることになります。

  1. 100番台:処理中
  2. 200番台:成功
  3. 300番台:リダイレクト
  4. 400番台:クライアントエラー
  5. 500番台:サーバーエラー

大まかに解説すると、HTTPステータスコードの意味は、これらの内容になります。

なぜ起きる?503エラーの謎

503エラーが起こる原因は、2つのことが考えられます。

  1. 瞬間的に多くのアクセスがあった。
  2. 先に見ている閲覧者がなかなか離脱しない時に起こる順番待ち。

アフィリエイトの集客方法として、SNSが一つの大きな要素になります。
SNSの特徴は、面白そうな記事が短時間で拡散されることがあります。
SNSで多くのシェア数を抱えているアフィリエイターは、記事を投稿するとその記事に大量の閲覧者が流入してきます。
友達同士で借りている一軒家である共用サーバーの場合、同居人の一人に大量アクセスが起こると、他の同居人の処理に影響をきたします。
そこで大家であるレンタルサーバーが考えたのが、迷惑かかるから制限しちゃえです。

SNSが普及する前は、共用サーバーのレンタルサーバーで制限はありませんでした。
しかし、SNSの拡散スピードとアクセス量の影響があまりにも大きく、処理しきれないため、他の同居人に迷惑がかからないようにした苦肉の策といえます。

503エラーが起こる原因は、大量のアクセス数だけではありません。
人気のレストランで、あまりにも料理がおいしくて追加注文をしまくる客がたくさんいるため、店であるWebページに順番待ちの行列ができてしまった場合もおこります。
あまりにも行列が長くなってしまい周囲に迷惑をかけないために、テナントの大家が店のシャッターを閉めてしまうのです。
追加注文をせずに頼んだ料理が運ばれた人は、このカウントに含まれません。

503エラーの影響はものすごく大きなものが。。。

安定した稼働をする、これが503エラーが出る理由です。
レンタルサーバーが他のユーザーに配慮するのは良いことですが、人気店であるユーザーにはたまったものではありません。
503エラーは瞬間的なものですが、デメリットは非常に大きなものです。

  1. 503エラーが出ている間は、Webページを閲覧できない
  2. SNSでの拡散するチャンスを逃す

503エラーは、一時的にWebページが閲覧できなくなるものです。
しかし、一時的でもWebページ閲覧制限がかかるのは、ビジネスチャンスを大きく減らすことになります。

503エラーが出るくらいですから、訪問しようとしたアクセス数は膨大です。
もし、はじめてアクセスしようとしてくれた人が、503エラーでWebページを見れなかった場合、二度と戻ってくれることは無いでしょう。

せっかくインパクトのあるタイトルなどで、アクセスのキッカケを作れているのに、503エラーでWebページを見れなかった人は印象が薄くなったり、Webページが閉鎖されたと思われてしまうためです。
商品を販売しているWebページでは、503エラーで購入できなかったり購入途中で先にすすめなくなります。

また、SNSでもシェアできない状態になるのです。

503エラーが出なければ。。。

考えれば考えるほど、もったいない現象が起こってしまいます。
ビジネスチャンスを逃さないためにも、503エラーを出にくい状況を作らければなりません。

え!503エラー出てたの?

503エラーは、瞬間的に起こるものであり、長い時間制限されているわけではありません。

これが問題なのです!

自分自身が気づかないうちに、503エラーが出ていたという場合があります。
閲覧数の伸び悩みSNSのシェア数の伸び悩みがある人は、もしかしたら503エラーの餌食になっている可能性があります。

では、どうすれば503エラーを回避できるかというと、「専用サーバー」と契約する、これが一番の回避方法です。
専用サーバーは、共用サーバーと違い自分だけがサーバーを利用できます。
隣近所を気にする必要がないのです。

503エラーを回避するには、レンタルサーバーの契約を専用サーバーにする!

これが一番の方法です。
503エラーを回避できる、専用サーバーのオススメ一覧をまとめていますので、参考にしてください!

詳しくはこちらからVVVV
>>>レンタルサーバー専用サーバー(マネージド)契約オススメ一覧

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。