在宅ワークアフィリエイト記事作成注意点

広告

副業・在宅ワークアフィリエイト記事作成の注意点

イクメンパパです。

今日は、アフィリエイトを行う際のブログ記事作成での注意点です。アフィリエイトに限りませんが、法律で定められている禁止事項があります。アフィリエイト運営ブログが、知らずに違反項目に該当してしまっては大変です。アフィリエイトを行ううえで、注意しなくてはいけない項目まとめます。

副業・在宅ワークアフィリエイトでの禁止事項は4種類

今からあげる4種類の禁止事項を守り、健全なアフィリエイトを行う必要があります。4種類の禁止事項は「景品表示法違反」・「薬事法違反」・「著作権侵害」・「商標権侵害」です。

景品表示法違反

「景品表示法違反」は、まとめると下記になります。

  • 紹介している商品・媒体を実際の条件(品質や性能)よりも優秀なものとする記述で過大評価
  • 他商品・媒体よりも紹介している商品・媒体を根拠のない過大評価をする記述
  • 紹介している商品・媒体を実際の条件(価格など)と違う著しく高評価する記述
  • 口コミなど偽装して行う事

アフィリエイトで収入アップばかりに目がいってしまい、紹介記事が実際の条件より良いものと勘違いさせてしまう記事はいけません。本当におすすめできる商品あれば、嘘偽りなくおすすめするのは全く問題ありません。偽装して過大評価することが違反になります。実際に収入アップができているアフィリエイトブログは、実体験にもとづくものが大きな要素になります。この違反にあてはまるアフィリエイト記事は、成果報酬も得にくいと考えられます。閲覧者の目をあなどってはいけません。過大評価自体が法律違反ですが、あまりにも不自然な過大評価のアフィリエイト記事は閲覧者もわかります。

薬事法違反

「薬事法違反」も注意が必要です。アフィリエイトで人気のある健康食品・化粧品・美容関係のテーマに関連してくるからです。これもアフィリエイト商品を、効能や効果で虚偽又は過大評価して紹介することが違反になります。あくまでも実体験にもとづいた感想や意見を記述し、売りたいがために虚偽の記述で誤解を招かないように注意してください。

著作権侵害

「著作権侵害」は、他の人が運営しているブログ・ホームページの記述・画像などを勝手に利用することです。勝手に利用することが該当しますので、許可を得ている場合は該当しません。アフィリエイター自身で、オリジナルの文章を記載していれば全く問題ありません。画像も注意が必要です。画像を利用する場合は、フリー素材が利用できるWebサイトがありますので、それを利用するか、自分で撮影した画像を利用してください。引用を利用する場合、引用することの正当性や必要性があれば「著作権侵害」には該当しなくなります。

商標権侵害

商標権は、商標法にもとづいたものです。特許庁に、企業などがコストをかけて商標権を得ています。自分たちの利益を守るためのものです。アフィリエイトで注意しなくてはいけないのが、リスティング広告です。リスティング広告NGの広告を勝手に行ってしまうと、商標権を取得している企業から差し止めの命令がきたり、最悪の場合は損害賠償まで請求されることになります。十分注意しましょう。

アフィリエイトは普通に行っていれば大丈夫!

以上が、アフィリエイト運営ブログ記事作成の注意点です。普通にアフィリエイトを行っていれば問題ありません。しかし、上記を頭に入れておくことは必要です。こういう事があることを頭に入れ、健全にアフィリエイトを行いましょう!

以上、イクメンパパでした。

[su_button url=”https://ikumen0924.com/affiliate-list” style=”soft” background=”#2d64ef” size=”10″]アフィリエイトおすすめ一覧ページ[/su_button]

 

[su_button url=”https://ikumen0924.com/” style=”soft” background=”#2def3c” size=”10″]HOME[/su_button]
最新情報をチェックしよう!
広告

アフィリエイトの最新記事8件

>フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

スマホ連携で面倒な会計処理が簡単に処理できる!はじめての確定申告の不安を解消します。

CTR IMG