在宅ワークアフィリエイトSEO内部対策

広告

副業在宅ワークアフィリエイトSEO内部対策の重要性

イクメンパパです。

今日は、副業在宅ワークアフィリエイトSEO内部対策についてです。昨日の投稿で外部対策について記述しました。現状まだ外部対策も効果がありますが、基本的にSEOで重視しなくてはいけない事は内部対策です。より効果的なSEO外部対策をするためには質の高いSEO内部対策があって効果を発揮します。その内部対策の基本をまとめてみたいと思います。

副業在宅ワークアフィリエイトSEO内部対策タイトルの重要性

副業在宅ワークアフィリエイトSEO内部対策について考えるにあたりタイトルは非常に重要な項目になります。タイトルとはHTMLで<title>…</title>の…に当たる部分です。このタイトルをGoogleのクローラーにわかりやすく表現する必要があります。基本的なタイトルのつけ方は、「ブログテーマ+記事内容」が良いと考えられます。タイトルにブログテーマを入れることにより、より専門性の高いWebページである事のアピールが出来ます。タイトルを考えるうえで順番も重要です。「記事テーマ+ブログテーマ」ではだめです。Googleのクローラーは先に記述されている内容からその記事の重要性を判断します。ですから基本となるブログテーマを先に記述するWebページの量が増えることによりブログテーマの専門性が高いと判断されます。他の競合Webサイトを見に行くと意外とこの基本が抜けているケースをよく見ます。意外と簡単ですが見逃されている内容なのです。

副業在宅ワークアフィリエイトSEO内部対策h1タグの考え方

アフィリエイト記事内部には見出しがつけられるようになっているのはみなさんご存知だと思います。ここでh1タグについて考えてみたいと思います。h1タグはその記事の大見出しに該当します。W3CのWebページ内のHTML5の解説ではh1タグの使用回数制限をしていません。また、Googleも複数使用することによる検索順位への影響はないとも発表しています。かといってh1タグを複数使用する事にメリットはあるのでしょうか?h1タグはそのWebページの大見出しにあたります。GoogleのクローラーもWebページのh1タグも重要視しています。だからといってh1タグの乱用は記事構成に違和感を与えます。Googleの複数使用による検索順位への影響はないという発表があるにせよ、h1タグを使用する回数が多いことは記事構成でどう見ても不自然です。基本的にWebページ1つにh1タグ一つが違和感のない記事構成になりGoogleのクローラーにも理解させやすいと考えています。見出しタグにはh1~h6まであります。h1から始まりh2・h3と表現するのが自然です。私の考えは1ページ1h1が理想だと思います。

在宅ワークアフィリエイトSEO内部対策まとめ

  • タイトルは「ブログテーマ+記事内容」の順番で作成
  • 1ページ1h1でクローラーにも理解させやすくする

以上、イクメンパパでした。

[su_button url=”https://ikumen0924.com/affiliate-list” style=”soft” background=”#2d64ef” size=”10″]アフィリエイトおすすめ一覧[/su_button]

 

[su_button url=”https://ikumen0924.com/” style=”soft” background=”#2def3c” size=”10″]HOME[/su_button]
最新情報をチェックしよう!
広告
>フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

スマホ連携で面倒な会計処理が簡単に処理できる!はじめての確定申告の不安を解消します。

CTR IMG