在宅ワークアフィリエイト記事作成5つのコツ

副業・在宅ワークアフィリエイトブログ記事作成は5つのコツを意識することで変わる

イクメンパパです。

【無料1カ月分!通信講座】アフィリエイトチャレンジ

アフィリエイトブログ記事は、「親しみ」・「必要性」・「わかりやすさ」・「決断」・「一押し」が成果を上げるための5つのコツです。

アフィリエイトのブログ記事作成は、一般の営業と比べるとブログ特有の難しさがあります。一般の営業の場合、顧客と顔を合わせること・会話をすること、この2点で表情・声の抑揚・会話による商品購入への誘導が行えます。それに対してアフィリエイトブログの場合は、閲覧者の表情の確認や会話でのコミュニケーションが取れません。ブログ記事の内容で商品購入への誘導まで行わなければならないのです。

私の本業は営業です。対面での営業方法では、成功事例・失敗事例の経験から商談成功のノウハウを持っています。商談を成立するための戦略があるのです。しかしアフィリエイトを始めた頃に痛感したのは、自分の情報発信で商談を成立させる難しさでした。その難しく感じた点と解消法をまとめます。

アフィリエイトブログに必要な親しみ・必要性・わかりやすさ・決断・一押し

アフィリエイトのブログ記事作成で重要なのは、「親しみ」・「必要性」・「わかりやすさ」・「決断」・「一押し」の5つです。この5つのバランスが崩れると、アフィリエイト成果が出にくいブログ記事ということになります。

アフィリエイトブログでの「親しみ」

ここでいう「親しみ」とは、取り扱うアフィリエイトテーマ閲覧者とそのテーマに関して親近感を覚えさせる記事内容であるということです。見えない相手に対して、いかに自分が同じような環境・状況であるということを感じてもらうのです。このためには、ターゲットの年代・性別・悩みを明確にする必要があります。明確に出来たターゲットごとに、文章の表現の仕方もそれぞれのブログで変化させなければなりません。

「親しみ」というキーワードは、実際の営業でかなり重視していました。私の経験上、顧客に「近い」人であると思ってもらった場合と、そうでない場合の受注率は相当の開きがあります。実際の営業では、「近い」人と思ってもらう内容はどんな些細なことでも良く、友達が同郷であるでも十分な効果があります。人間は一度自分の枠との共通点を見つけると、その後の頼みを断りずらくなるのです

アフィリエイトでの「親しみ」を覚えてもらうための一番の方法として、アフィリエイトテーマで同じ境遇にあると認識してもらうことです。例えば、以前アフィリエイトテーマで投稿した「コンプレックス」がブログテーマとします。この「コンプレックス」と同じ内容で、悩みの解決策を見つけたので提案している、これで入りはOKです。同じ悩みを抱えている人と思ってもらうのが重要です。

アフィリエイトブログでの「必要性」

「必要性」と表現していますが、アフィリエイトブログテーマに該当するものを利用しているところ、もしくは、利用した後の結果を想像してもらえる記事作成が必要になります。これもターゲットの明確性がなければ作成するのは厳しいです。アフィリエイトブログ記事で、テーマに該当するものの価値を認識してもらう必要があるからです。価格・料金ではなく、テーマに該当するものの価値を、「必要性」があるかないかを頭で想像しやすい文章を作成する必要があります。ターゲットが明確であれば、アフィリエイトテーマ該当品の商品説明だけではなく、主観を盛り込みどれだけ「必要性」があるものかを想像してもらうのです。この主観が「必要性」では重要になります。

アフィリエイトブログでの「わかりやすさ」

「わかりやすさ」は、単純に専門用語の羅列にならないように注意することです。専門的な知識を持っていれば持っているほど、無意識に専門用語を使用してしまいます。閲覧者がわからない専門用語に直面した時は、そのページから離脱する可能性は高くなります。わからない言葉だからです。わからない言葉を調べる人もいるでしょうが、その言葉を理解できたページがあった場合はその記事を読みます。もう戻ってはきません。せっかくクリックしてもらったのに、すぐ離脱では悲しいです。専門用語は使わずにかみ砕きまくり、極力わかりやすく比喩も交え記事作成する必要があります。

アフィリエイトブログでの「決断」

「決断」は、アフィリエイトブログ記事を閲覧者本人に、アフィリエイトテーマ該当品を利用する決断をしてもらうことです。これが一番難しいところだと考えています。人間は他人に促されて決断した内容は、その後辞めてしまうことが多々あります。自分の意思で決定したことは、他の人に何を言われようが辞めません。この「決断」を文章で表現するのです。

実際の営業での私の手法は、顧客自身に「買う」と言ってもらうことでした。この言葉を言ってもらうのと言ってもらわないのでは、受注率も全く違いますしキャンセルも発生しません。私は、「買ってください」とは絶対にいいません。「決断」をしてもらう質問をして、「買う」と顧客本人に必ず言ってもらいます

これをアフィリエイトブログ記事で、自分の決断だと思ってもらう文章展開をする必要があります。私もこの部分はまだもっと良い効果がある文章展開があるのでは?と日々模索しています。

アフィリエイトブログでの「一押し」

「一押し」は、「決断」まで運べた人に対しての念の為の施策です。強調してはいけません。さらっとアフィリエイト広告をクリックしてもらうための最後の一言です。

これら5つのコツは私の営業方法と同じ内容です。細かく言うともっとあります。しかし、この5つが基本的に受注するために重要と考え、ピックアップさせてもらいました。対面で会話できればなんてことないです。文章でこの5つを上手に表現するのは、非常に難しいです。ですがこれらを意識した文章と意識していないものでは、明らかに内容と結果が違ってきます。私もまだ究極の殺し文句のパターンを掴んではいません。掴めるまで四苦八苦しながら楽しみたいと思います。

以上、イクメンパパでした。


詳しくはこちらからVVVV
【無料1カ月分!通信講座】アフィリエイトチャレンジ

アフィリエイトおすすめ一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。