副業Bizseekシステムアプリ開発ねらい目

クラウドソーシングBizseek(ビズシーク)システムアプリ開発のねらい目はアプリ!

イクメンパパです。

【無料!会員登録】Bizseek

今日は、クラウドソーシングBizseek(ビズシーク)仕事カテゴリーシステムアプリ開発のねらい目です。

仕事カテゴリーシステムアプリ開発は、ワークの専門性が高いものです。知識や技術が必要な内容が多いことは確かなことです。その中でも、ねらい目はあります。クラウドソーシングBizseek(ビズシーク)でできる仕事内容は「副業クラウドソーシングBizseekで出来る仕事」でまとめてありますので参考にしてください。

Bizseek(ビズシーク)システムアプリ開発はスマホアプリ

クラウドソーシングBizseek(ビズシーク)仕事カテゴリーシステムアプリ開発は、専門性の高いカテゴリーになります。実務経験や豊富な知識が必要とされる内容が多いものです。しかし、実務経験がない、又は、経験が浅い人でもチャレンジしやすいのが、スマートフォンアプリ開発です。

スマートフォンアプリ開発がなぜねらい目か

スマートフォンアプリには、iPhonAndoroid2種類あります。現状のユーザー件数を考えると、Androidのアプリ開発が非常にねらい目です。Androidユーザーを全世界でみると、約8割ものシェアがあります。今は、アプリ開発も簡単に開発できるツールが存在します。ワーカーのアイデア次第で、受注件数や報酬が変わってきます。

Androidアプリ開発ツールって何?

Androidアプリを作成するにあたって必要になるものには、3つあります。

  • パソコン
  • Android Studio
  • Java

「Android Studio」以外でアプリを作成できるものがありますが、使用率が高いのは「Android Studio」になります。また、「Java」はアプリ以外の用途(Webサイトなど)にも活用できますので、これを機に勉強するのも仕事の幅が広がることを考えれば有益なことです。

アプリ開発の流れ

アプリ開発の基本的な流れは、「企画」・「設計」・「開発」です。

まず、「企画」で重要なことは「5W1H」です。

  • Who=ニーズがあるアプリを使いたい人のために
  • What=ニーズがあるアプリを開発するために
  • When=ニーズがあるアプリのアイデアが浮かんだ時
  • Where=Androidアプリ利用者に対して
  • Why=Bizseek(ビズシーク)提案受注件数増加のために
  • How=画面・機能で差別化を図り、Bizseek(ビズシーク)で収益を上げる

これらを、「企画」段階で明確にする必要があります。

設計」とは、その名の通りアプリ設計のための設計図の作成です。「難しそう」そう思われている人でも大丈夫です。今は「Cacoo」や「Prott」など、初心者でも簡単に設計できるようになっています。「設計」が完成したら「Android Studio」でアプリ「開発」をします。ソースコードを入力していきますが、その時に必要になってくるのが「Java」です。「Java」は20年位前からあり、Googleが採用した言語です。他の言語で対応できないようなことまで、幅広く対応できます。「Java」は古くからありますので、書籍・インターネットでも勉強することが容易にできます。コストをかけずに、図書館などの利用をおすすめします。ここまできたら、クラウドソーシングBizseek(ビズシーク)に登録し、提案申し込みを行い受注件数増やすだけです!

以上、イクメンパパでした。




詳しくはこちらからVVVV
【無料!会員登録】Bizseek

クラウドソーシングおすすめ一覧ページ Bizseek(ビズシーク)記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。