在宅ワーククラウドワークスとランサーズブラック問題に終止符

クラウドソーシングランサーズとクラウドワークスはなぜブラックの評判が多い?

イクメンパパです。

【無料!会員登録】CrowdWorks

副業・在宅ワークの手段として有効であるクラウドソーシングは、私のブログの核としておすすめしています。安定した副業・在宅ワークの収入を得る方法として、大手二強のクラウドワークスとランサーズの活用を提案しています。しかし、クラウドソーシング「ランサーズ」と「クラウドワークス」で検索すると、ブラックであるという評判の記事が多数存在しています。この問題について、今日の投稿で終止符を打ちたいと思います。

日本で二強のクラウドソーシングの実態にせまる!

日本のクラウドソーシングにおいて二強と言われるのが、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。クラウドソーシングの働き方は、空いている時間を利用でき生活スタイルに合わせた仕事で収入を得ることができるものです。インターネットを通じて、副業・在宅ワークでの収入を得ることを可能にしたのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングでの収入を安定させるために、「クラウドワークス」「ランサーズ」の活用は欠かせません。それだけの案件数を抱えているのです。現に私の収入源として大きな役割を果たしているのも、二強のクラウドソーシングです。クラウドソーシングには、この二強に登録していれば確実に安定した収入を得ることができます!

クラウドソーシング最大手クラウドワークス

クラウドワークスは、2012年にスタートし東証一部上場しています。登録ワーカー数は驚きの数字で、この短期間で約100万人が在籍しています。多くの案件数実績と約100万人の登録者数が、日本のクラウドソーシング内で最大手であることを実証しています。仕事の内容も多岐にわたり、プログラミングやコーディング・アプリ開発などの専門的な知識を要するものから体験談・レビューの記事作成依頼など、誰でも取り組みやすい仕事まであります。

報酬においても、案件の実績次第では長期間契約可能な固定給のものも多数あり、安定した報酬を得る手段としては欠かせません。また、プロフィールを設定することで、マッチングした案件をメールでお知らせしてくれます。このプロフィールの設定が、収入を得る手段として重要です。細かく実績や職歴などを記載することで、マッチングの精度が高い仕事の案件をお知らせしてもらうことができます。

特殊な技術がなくとも心配いりません。体験談による記事作成など誰でも取り組める仕事を選ぶことが出来ます。空き時間の有効活用として、クラウドワークスは無くてはならない存在です。

クラウドソーシングの先駆者ランサーズ

ランサーズは、2008年にスタートしたクラウドソーシングの先駆者的存在として、二強の地位を不動のものにしています。登録ワーカー数は、約40万人とクラウドワークスと比較すると劣ります。しかし、クラウドソーシングで副業・在宅ワークを行う人のほとんどが、ランサーズとクラウドワークス両方に登録しています。仕事の内容・仕事の探し方は、クラウドワークスとほぼ同じです。どちらを主体として選ぶかは、実際に登録し利用してみた感覚で決めるしかないというのが感想です。

クラウドワークスとランサーズはどちらが良い?

上述している通り、両方に登録しているワーカーが多いのは事実です。どちらかに優越をつける基準は、実際に利用してみた感覚しかありません。個人的な感覚では、クラウドワークスのほうがややこしくなく、報酬を得るまでもスッキリしているので好んでいます。とは言いながらも、二強両方で仕事をしているのが現状です。

二強はブラックなのか?

クラウドソーシング二強の「クラウドワークス」と「ランサーズ」は本当にブラックなのか、本題に入ります。

インターネットの検索で登場する「ブラック」という評判の原因は、依頼主側とワーカー側両方の問題があります。特にライティングの仕事をしている場合に、「ブラック」と主張している人が多いです。

ライティングは、本格的に勉強をし優れた文章力を提供するワーカーから、フリーターの暇つぶしでの小遣い稼ぎなどワーカーによる仕事の取組み意識と技術に差があります。これに目をつけて、低報酬での仕事を平気で案件として出してくる依頼主がいます。時給にすると数十円の世界です。報酬の決定において同内容の実績があれば、それが目安になります。ワーカーも色々いるので、こんな低報酬の仕事受けるやつがいるのかというレベルの仕事でも食いつくワーカーがいるのです。そんな仕事でも受けてしまえば報酬の実績になります。依頼主もその実績があることで、同程度の報酬で良いだろうと案件を依頼します。この悪循環が「ブラック」の真相です。

ワーカーが今後しなければならないこと

私のクラウドソーシングでの収入の主体としている仕事内容は、ライティングです。幾ら安価な報酬にすることができるクラウドソーシングでも、文字単価0.5円以内の仕事は少しやり過ぎです。ライティングの仕事は、下調べ、SEOを意識したタイトル、文章構成決め、本文記述、校正・推敲と、時間単価数十円の仕事ではありません。この記事を閲覧してくれている人達は同感だと思います。今後クラウドソーシングでワーカーがしなければならないことは2つあります。

文字単価0.5円以内の仕事は申し込まない

クラウドソーシングの特徴として、ノルマがあるわけでもなく空いている時間に好みの案件に申し込めることがあります。仕事を選べるのです。特にライティングで仕事をしているワーカーは、0.5円以内の仕事には手を出さないことが必要です。手を出すワーカーがいるから、とんでもない報酬の仕事が平気で依頼されます。ワーカーが仕事を選ぶことができるのですから、文字単価0.5円以内の仕事はスルーしましょう。もし手を出してしまっているワーカーだとしたら、今後のことを良く考え手を出さないことを検討してください。手を出すワーカーがいる限り、ライティングをなめているとしか思えない低報酬の案件はなくなりません

ブラック案件はスルーする

クラウドワークスとランサーズ共に、ブラック案件があるのは事実です。しかし、全てがブラックに該当するわけではありません。クラウドソーシングでは、仕事を選べるのですからブラック案件はスルーすれば良いのです。きちんとした適正な報酬を設定している案件もたくさんあります。わざわざブラックに飛び込む必要はないのです。手を出さなければ全くブラックに感じることはありません。現に私は感じていません。あまりにも馬鹿にした報酬設定の案件は、全く見ていません。詳細見てしまうと怒りで仕事道具のPCを壊してしまいそうだからです。ブラック案件はスルーが一番です。

 今後のクラウドソーシングが向かうところ

クラウドソーシング二強のクラウドワークスは2012年ランサーズは2008年開始されてからの年月は浅いです。今後クラウドソーシングの働き方は、更に定着し拡大することは確実です。クラウドソーシングで働くことが当たり前の時代が来るでしょう。現状のブラック評判は、ワーカーの仕事選びで解消されます。それがクラウドソーシングでは可能なのです。何も心配することはありません。現に私が証明できる人間だからです。二強のクラウドソーシングを利用することで収入の安定を生み出し、副業・在宅ワークでワーカー全てが幸せになることができます。決してクラウドソーシングはブラックではありません。私は変わらずクラウドソーシングの副業・在宅ワークをおすすめします。

以上、イクメンパパでした。




詳しくはこちらからVVVV【無料!会員登録】
CrowdWorks

クラウドソーシングおすすめ一覧ページ

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。