在宅ワークでよく聞くクラウドソーシングとは

本業から副業まで在宅ワークを可能にするクラウドソーシング!

イクメンパパです。

最近、副業や在宅ワークの新しい働き方としてクラウドソーシングという名を良く聞きます。しかし、クラウドソーシンの仕組みはどのようなものなのかは気になります。従来の企業の外注方法は、アウトソーシングが主流でした。クラウドソーシングが普及することで、企業はもとよりアフィリエイターなどの個人事業主などに、仕事の効率化とコスト抑制に大きく役立っています。

従来のアウトソーシングの概要

アウトソーシングとは、企業が専門性の高い業務を外部委託する仕組みです。アウトソーシングのメリットは4つあります。まず、企業の社員のレベルが低くとも専門的なノウハウを利用できることです。また、業務にあたる社員の負担を軽減することもでき、社員間の業務の繁閑差が少なくなる点もあります。更に、業務にあてる人員の調整ができるメリットもあります。

アウトソーシングのデメリットは、外部に委託する業務を誰でもわかるように、委託する業務の内容を整理して標準化する必要があります。また、専門性の高い業務を自社で行う技量が育たない作業内容を自社で管理しにくくなる点などがあります。

在宅ワーククラウドソーシングの定義

では、クラウドソーシングの定義とはどのようなものでしょう。

「クラウドソーシングは、かつて従業員によって実行されていた機能を、公募するような形で不特定(かつ一般的には大規模な)人々のネットワークにアウトソーシングする企業や機関の行為のことを指す。これは、集団労働(作業が協調的に取り組まれる場合)の形を取ることができるが、しばしば、単独の個人によっても行われる。重要な前提条件は、公募形式と潜在的な労働者の大規模なネットワークを使用することである。」

出典:Wikipedia

クラウドソーシングの勢力が大きくなり、従来のアウトソーシングに専門性の高い仕事の依頼をしていたクライアントが、インターネットにより不特定多数に外注できるようになりました。働き方の一つであるフリーランスにとっては、大きな転機が訪れたことになります。なぜクラウドソーシングが勢いを大きくしたかというと、仕事の相場が大きな要因です。従来のアウトソーシングは、料金相場があってないようなものでした。それがクラウドソーシングが普及することにより、クライアントが料金を比較でき相場が明確になったのです。クラウドソーシングは、世界中の不特定多数のワーカーに料金の競争をさせます。当然アウトソーシングよりもコスト抑制ができるので、クライアントの依頼先がクラウドソーシングに移るのは自然なことと言えます。

クラウドソーシングのメリット

専門的知識を持ち合わせているワーカーは、一般的に営業が苦手な傾向があります。しかし、クラウドソーシングを利用することで、苦手な営業をする必要がなく仕事を請け負うことが可能になりました。また、仕事内容を自分自身で選ぶことができることも、クラウドソーシングのメリットの一つと言えます。どのワーカーにも、業務内容で得手不得手はあります。アウトソーシングの場合は、得手不得手に関係なくクライアントからの依頼業務に対応しなければなりません。更に、クラウドソーシングは新規クライアントの開拓が容易にできる点も大きな魅力です。新規開拓には、それなりの営業力が必要となります。営業経験がある人はわかると思いますが、新規クライアントを開拓する労力や困難さは非常に大きなものを必要とします。しかし、クラウドソーシングでは、プロフィールを明確に細かく記載することで、新規クライアント開拓が容易なものとなりました。

在宅ワーククラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングのデメリットとしてあげられるのは、料金相場の下落です。クラウドソーシングは、不特定多数のワーカーに依頼することができます。例えば、本来30万円位の仕事が5万円で募集されていたとします。ワーカーも色々な人がいますので、それに食いつく人もでてきます。この低額な料金で受注してしまうことで、受注した仕事の料金実績ができてしまいます。他のクライアントは料金実績があるため、同じような案件内容の依頼をする時に実績料金がベースになり料金相場の下落が発生します。相場が下落するということは、ワーカーの目標設定報酬額を達成させるために、以前よりも案件数をこなさないといけないことになります。このことで、仕事内容のクオリティの低下が懸念されます。

また、クライアントの知識や経験が十分でない場合は、仕事での意思疎通がうまくいかず、結果として満足度が低くなる可能性も考えられます。このことは、稀にフリーランスに対しての不信感報酬でのクレームを生む要素となり得ます。

最後に、クラウドソーシングでの仕事は、案件ごとに毎回ゼロからの出発になります。前回の仕事で非常に良い出来の仕事をおさめても、名指しでの指名はありません。依頼主が出した1つの案件に対して10以上の応募があります。その中から採用されますので、安定したリピート顧客をつかむことには向いていません

クラウドソーシングとの向き合い方

空き時間でできる仕事量を調整でき、なおかつ、自分好みの仕事に申し込めるクラウドソーシングは、副業や在宅ワークの手段として魅力が大きいものです。クラウドソーシングに登録し仕事をすることで、今までつちかってきた経験を最大限に発揮することも可能です。また、これから新しく取り組みたい仕事の修行の場として利用することもできます。考え方や取組み方次第で、非常に大きな可能性を持つクラウドソーシングは、今後の副業や在宅ワークの大きな柱となると言えます。

以上、イクメンパパでした。

クラウドソーシングおすすめ一覧 クラウドソーシング記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。