クラウドソーシングで「稼げる人」「稼げない人」違いとは?

「クラウドソーシングに登録をしたのだけれども、なかなか思うように稼げない…」

なんて悩みを抱えていませんか?

クラウドソーシングに登録したのは良いけれども、受注できた案件では小遣い程度の稼ぎ。

「やっぱり、特別なスキルがないとクラウドソーシングでは稼げないのかな…」

このような不安になるあなたの気持ち、とても良くわかります。

私もはじめのころ、同じ経験をしたからです。

しかし、誰でも取り組めるライティングやデータ入力の案件でも、生活するのに不自由ない程度の収入は必ず稼げるようになります。

なぜかというと、クラウドソーシングで「稼げる人」と「稼げない人」には、とても大きな違いがあるのです。

この違いを知ることで、あなたの収入は右肩上がりに増えていくでしょう。

クラウドソーシングで「稼げる人」と、「稼げない人」の違いをわかりやすく説明します。

また、おすすめのクラウドソーシングの紹介もしますので、ぜひ参考になさってください。

広告

「稼げる人」と「稼げない人」の3つの違いとは?

成功するイメージ

あらためて「稼げる人」と「稼げない人」の違いといわれると、「どうせスキルの違いでしょ!」なんて感じてしまいますよね。

しかし、私はあなたのスキルについてふれるつもりはありません。

なぜかというと、私がクラウドソーシングで生活費を稼げるようになったときに、まったく特別なスキルがなかったからです。

このような状況でも生活に困らない収入を、クラウドソーシングで稼いでいます。

確かにクラウドソーシングで働きだしたころは、月5,000円~30,000円の間をうろうろしていて「このままではまずい!」という状況にまで追い込まれていました。

そこで私が気になったのは、「稼げる人」と「稼げない人」の違いです。

これから説明する3つの違いが、稼ぐ収入の違いであったと断言できます。

この違いはすごくあたり前すぎて、あなたも手を抜いている可能性が高いです。

しかし、クラウドソーシングで稼げるようになるためには、とても需要なことになります。

あなたも一度、素直な気持ちで見直してみてください。

違い①:案件に応募する数

あなたはどれくらいクラウドソーシングの案件に応募していますか?

「どうしよう、私が受注できる案件なのかな…」

このように迷いから気になるリストにチェックはしているのですが、いつの間にか案件の応募期限を過ぎてしいたりします。

クラウドソーシングで「稼げない人」の特徴といえるのが、案件への応募数が少ないことです。

これは、案件に対してあなたが抱いている不安や、採用されないイメージが応募数を少なくしている原因といえます。

受注してからでも遅くはない!

私がクラウドソーシングで「稼げない人」だったときに、クラウドソーシングのWebページやメールを確認してわかったことがあります。

「この案件は大丈夫かな…」

「採用されなかったら嫌だな…」

案件に応募する前に、こんなことを考えていました。

採用される土俵にあがる前に、まったく考える必要がないことです。

私はこんなくだらないことにしばられ、結局は「稼げる人」と比べると応募数が少なすぎました。

受注できなくても気にしない

クラウドソーシングで採用される件数は、10件に応募して1件採用されればOKと考えるようにしてください。

稼げる案件は、採用された中にあることが多いです。

もし採用後に詳細がわかり、あまり魅力を感じなければ丁寧に断れば問題ありません。

とにかく応募してみる!

この考えがあなたを「稼げる人」に変えるために重要です。

違い②:受注件数が少なすぎる!

稼ぐイメージ

あなたが「稼げない人」である今の段階で、高望みをしてはいけません。

この高望みはあなたの受注件数という実績を重ねるのに、とても邪魔になり「稼げない人」から抜けだせなくさせます。

なぜ受注件数が大事かというと、スカウトされる件数で大きな差が生まれるからです。

スカウト業務でワーカーをチェックする項目の1つに受注件数があります。

もしあなたがスカウトをするとしたら、受注件数が0と受注件数が100のワーカーがいるのであれば100のワーカーを選びませんか?

スカウトされる案件は、採用されやすく稼ぎやすいものが多いです。

あなたが受けるスカウトが多くなるというのは、「稼げる人」に1歩近づくともいえます。

タスクでもコンペでも受注できるのであれば形式は何でも良いです。

あなたの申し込み案件の最低基準をもうけて、受注件数を増やしましょう。

違い③:プロフィール

「プロフィールかよ…」

このように感じたあなた。

登録しているクラウドソーシングのマイページを、すぐに見直すことをおすすめします。

なぜならば、私が3つの違いの中であなたに1番伝えたいことだからです。

プロフィールの重要性について、あなたと一緒に考えてみます。

プロフィールの大切さ

前述したとおり、スカウトされることはとても大事です。

そして、スカウトのチェック項目に、あなたのプロフィールも含まれます。

たぶんあなたはクラウドソーシングのプロフィールをアップしているのに、稼げずに悩んでこのコラムを読んでいるのでしょう。

この条件をあなたがクリアしていることを前提にして、あえて「プロフィール」をテーマにしています。

あなたのすべてをアップする!

まず私があなたに確認したいのは、プロフィールであなたのすべてがわかりやすくアップされているかということです。

クラウドソーシングにはたくさんの種類でカテゴリーわけされる案件があります。

「こんなことプロフィールにのせても…」

あなたがこのように感じる内容も、プロフィールにしっかりアップできているのかがとても大事です。

意外にも「こんなこと」と感じる内容に、クライアントが注目してスカウトされるケースがあります。

わかりやすさが重要!

プロフィールのように要約してあなたの魅力を伝える技術は、スカウトを受けるのにとても重要です。

私は「稼げない人」のときに、「稼げる人」のプロフィールをみて愕然とした記憶があります。

稼げないころのプロフィールは、「この程度で良いだろう」という情けないものでした。

これでは全く魅力のないプロフィールなので、どのスカウトマンもくいつきません。

クラウドソーシングのプロフィールは、あなたの文章スキルをすべてのクライアントにアピールできるもの。

こんな大切なプロフィールを、「この程度で良いだろう」が間違いだと感じていただけたのではないでしょうか。

ライティングやデータ入力案件で3つの選ぶポイント

稼ぐイメージ

ここからは、クラウドソーシングの初心者でも取り組みやすいライティングやデータ入力案件の選び方を説明します。

クラウドソーシングでの案件選びにはコツがあります。

このコツを知らないと「稼げない人」から抜け出すことができません。

案件選びの3つのコツを確認して、あなたも「稼げる人」になってください。

とても大事なクライアント情報

クラウドソーシングに依頼するクライアント情報を、ワーカーが確認できるシステムです。。

それぞれのクライアント名をクリックすると、ワーカーからの評価や募集した実績件数が掲載されています。

ここでまず1番に注意しなければならないのは、クライアントの本人確認がとれているかという点です。

私たちワーカーもプロフィールの設定時に、クラウドソーシングから本人確認の依頼があります。

あたり前ですが本人確認がとれないワーカーは、クライアントに採用されることは少ないでしょう。

発注する側からみれば、インターネットで不特定多数の人材に仕事を依頼するといっても、どこの誰だか確認できないワーカーに仕事を依頼したくはありません。

なぜかというと、案件を処理する段階でワーカーの落ち度があり、円滑な業務展開ができなかったとすると責任問題に発展します。

この時に本人確認が行われていないワーカーは、責任から逃れるためにクラウドソーシングにつながるデータを消去してしまうことが考えられます。

このことはあくまでもワーカー側に重大な過失(=納期遅延や受注放棄など)があった場合のことなので、普通に仕事をしている分には全く問題ありません。

ワーカー側からみても、本人確認がとれていないクライアントにはあまり申し込みをしたくないのが本音ではないでしょうか。

私の経験談から判断しても、本人確認がとれていないクライアントは申し込むべきではないと感じます。

条件のあまい誘惑には注意して!

次にクライアントが提示する案件の条件です。

募集されている案件を見ていると、良くあるのが【初心者歓迎】ではないでしょうか。

この【初心者歓迎】に意図されることで2つ考えられます。

まず1つめは、納品物を増やすために本当に【初心者歓迎】であるパターンです。

この場合の多くは、文字単価が0.5円以下の案件になります。

クライアントの予算の中で、極力多くの納品物を手にしたいわけですから単価が低くて当然です。

あなたの受注件数を増やすためには、このような案件が必要になるでしょう。

次の2つめが問題のある【初心者歓迎】です。

【初心者歓迎】であるのに、文字単価が1円以上の案件には手を出さないでください。

テストライティングだけをワーカーに受けさせて、記事を盗む卑劣な手口がもっともらしい案件として存在しています。

このようなクライアントが予算をかけるのは、クラウドソーシングに営業をさせる広告費のみです。

PR付きで【初心者歓迎】の高額案件は、あなたの貴重な時間という財産を奪う可能性が高いといえます。

私はこのような案件に申し込むのはおすすめしません。

募集実績が少ないクライアントは要注意!

ワーカーは受注件数が少ないと、採用に影響することをお話ししました。

これはクライアントにも同じことがいえます。

確かにメディアや起業をはじめたばかりで、ワーカーの数が必要になりクラウドソーシングにはじめて依頼することもたくさんあります。

このような真っ当なクライアントは、本人確認済みか会社の概要がうめられているでしょう。

しかし、残念ながら悪いクライアントもいることは確かです。

このような悪いクライアントは、ある程度記事が集まったらドロンします。

そして違うクライアント名に変えて、また募集をかけるという個人のアフィリエイターが多いです。

アフィリエイターの質を落とすような行為に、私は強い憤りを感じています。

このような案件には絶対に手を出さないでください!

スキルがなくても稼げるクラウドソーシング

クラウドソーシングで働くためのPCとスマホイメージ

ライティングやデータ入力でクラウドソーシングで稼ぐのであれば、やっぱりクラウドワークスクラウドワークス登録リンクランサーズは強力な味方になります。

クラウドワークスクラウドワークス登録リンクも、ランサーズも、ほかのクラウドソーシングの取り扱い案件数と比べると、圧倒的な案件数を抱えています。

しかもこの2つは豊富な案件があるのに、内容があまりかぶりません。

どちらがおすすめなのかは、あなたの好みにもよるでしょう。

しかし、クラウドワークスクラウドワークス登録リンクランサーズの両方に登録するのがおすすめであることは確かです。

この2つのクラウドソーシングの案件を、最低でも1日に1回は確認してください。

そして気になる案件には、迷わずに即応募するのをおすすめします。

おわりに

いかがでしたか?

クラウドソーシングで「稼げる人」と「稼げない人」の違いがわかりました。

紹介した違いはちょっとした違いですが、稼ぐ収入では大きく差が出ます。

基本的な3つの違いを修正して、あなたも「稼げる人」の仲間入りをしてください。

これからあなたがクラウドソーシングで「稼げる人」になれますように!

他のおすすめな働き方をピックアップ!

<やっぱりクラウドソーシングではちょっと…、なんてあなたにおすすめできる働き方のリストページを紹介します。

短時間でガッツリ稼げるものもあります。

ぜひ参考にしてください!

ブログをするイメージ
最新情報をチェックしよう!
広告
>フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

スマホ連携で面倒な会計処理が簡単に処理できる!はじめての確定申告の不安を解消します。

CTR IMG