副業FX初心者向けどうやって取引で儲ける?

FXの大きな特徴である売り買いで儲ける!

為替は常に変動しているものです。変動から生じる差益をねらうのがFXです。

「差益をねらうためにどのような取引をすれば良い?」
「FXの取引は結局何をする?」

FXには興味があるけれども、FX取引についての疑問を抱くのは当然のことです。
円高と円安の仕組みは、説明させてもらいました。
円高と円安について、もう一度おさらいしておきます。

円高は、少ない日本円で他国の通貨と交換ができます。
円安は、多くの日本円で他国の通貨と交換ができます。

FXは、日本円の価値の変動=円高と円安を正しく理解する必要があります。

FXで差益と差損が生まれる仕組み

具体例として、1ドル100円を基準にします。

FXで差益が生まれる場合を説明します。
1ドル100円の時に、日本円とドルを交換します。
ドルと交換した後に、為替レートが110円に変動したところで、ドルを日本円と交換しました。
もともと、100円だった日本円が、110円になりました。
100円だった日本円が110円になったので、10円の差益が生まれたことになります。

次に、FXで差損が生まれる場合を説明します。
1ドル100円の時に、日本円とドルを交換します。
ドルと交換した後に、為替レートが90円に変動したところで、ドルを日本円と交換しました。
もともと、100円だった日本円が、90円になりました。
100円だった日本円が90円になったので、10円の差損が生まれたことになります。

FXは、安い時に通貨を買って、高い時に通貨を売るという単純な取引です。
差益を狙った投資が、FXということになります。
更にFXでは、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売ることで生じる金利の差(スワップ金利)も得ることができます。
スワップ金利は、FX特有の仕組みになります。

FXは円高ドル安だと儲からない?

外貨預金のおさらいをします。
外貨預金は、外国通貨を買い為替レートが円安になると利益が生まれます。
外国為替を買い為替レートが円高になると損失が生まれます。
外貨預金で儲ける方法は、円高の時に外国通貨を買い、円安の時に外国通貨を売るということになります。

しかしFXは、所持していない通貨を売り、別の通貨を買うことができるのです。
円安で売り、円高で買い戻すという差益を得ることができる特徴があります。
この場合のFXでの注意点は、スワップ金利を支払わなければならないということです。
FXでは、スワップ金利が支払いという側面を持ちあわせるものという点も覚えておく必要があります。

FXは、通貨の価値が高くなるのか、低くなるのか、を予測し分析を行います。
様々な目線での予測と分析が必要になり、高くなると予測したのであれば「買い」、低くなると予測したのであれば「売り」、この2つの注文をすることができるのです。

FXの特徴は買いと売りどちらも取引可能!

FXは、円高と円安、どちらの方向に向かっても利益を生み出すことができます。
「買い」からのみのスタートではなく、「売り」からのスタートも可能であることが、FXが外貨預金よりも人気がある要素の一つであるということがいえます。

FXおすすめ比較一覧
FX初心者向け講座記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。