副業FX初心者向け円高円安正しく理解

FX初心者向け!為替相場を正しく理解!

FXでは、円高と円安を正しく理解する必要があります。

「円高と円安ってイマイチぴんとこない。。。」
「どっちが得してどっちが損するの?」

円高と円安って混乱しやすいですよね(;^_^A
円高と円安をわかりやすく説明します。

円高円安という言葉は、誰しも一度は聞いたことがあるものです。
しかし、円高や円安を説明しようとすると、あやふやな回答になってしまう人も多いです。
FXを副業や在宅ワークで行う場合は、円高や円安について正しく理解することが必要です。

円高や円安は、日本経済だけに影響しているものではなく、私達の生活に直結することも多々あります。
まずは、円高と円安についてまとめます。

円高や円安って何?

円高は、為替相場1ドル=150円から1ドル=100円のように、ドルを購入するための円が少なくなった場合を指します。
1ドル購入にかかる円が少なくなったということは、円の価値が高くなったと言えます。

円安はこの逆で、為替相場1ドル=150円から1ドル=200円のように、ドルを購入するための円が多くなった場合を指します。
1ドル購入にかかる円が多くなったということは、円の価値が低くなったと言えます。

ドルを購入するための円が少なくなっているのに円高ドルを購入するための円が多くなっているのに円安、これらのことで戸惑う人が多くいます。
しかし、これらの点をしっかりと理解することは、為替取引を行う上で非常に重要なことです。

ホットドックの値段が日々変わる!

円の価値が変わるということは、実は物の値段が日々変わるということです。
具体例で、ホットドックをあげてみます。

上の例であげた1ドル=150円の時に、1ドルのホットドックを買ったとします。
次の日、円高になりました。
昨日1つ150円だったホットドックが、円高の今日は1つ100円でホットドックを買うことができます。
昨日150円だったものが、今日は100円で買えるということは、円の価値が上がっているということです。
これが円高になります。

次に円安の場合です。
昨日1つ150円で買えていたホットドックが、次の日200円支払わなければなりません。
円の価値が下がっていますね
これが円安です。

例であげている相場は、わかりやすく区切り良い数字にしていますが、実際の相場ではここまで大きく変化はしません。
しかし、為替相場は常時変わり続けています

為替相場の変動でなぜ企業の売り上げに影響が出る?

為替相場の変動は、企業や投資家にとって非常に重要な情報です。

円高になるとダメージを受ける企業があります。
主に商品や製品を輸出することで、業績を積算している企業です。
良く車メーカーが円高になると、新聞やTVで報道されます。
私もこの点を車を具体例にしてみます。

アメリカで工場増築して頑張っているT社とします。
T社が1台10万ドルの車をアメリカに輸出しました。
1ドル=150円の時は、1,500万円の売り上げがあったことになります。
円高になり1ドル=100円で同じように輸出した場合は、1,000万円の売り上げということです。
利益率を単純に10%=1万ドルで計算すると、1ドル=150円の時は150万円の利益があります。
円高の1ドル=100円の時は、100万円の利益です。

同じ車を輸出しているのに、1台分の利益が50万円も違うことになります。
1台だけ輸出することは考えられませんので、輸出をメインとする企業にとって円高は大きな痛手になると言えます。

円高って私達にとって良いこと?

円高が私達にもたらす恩恵は、輸入された商品や製品の価格が安くなることです。

例えで牛肉にしてみます。
仮に1Kg=100ドルの牛肉は、1ドル=150円の時は1Kg=15,000円で販売されます。
円高になり1ドル=100円の時は、1Kg=10,000円で販売されることになります。
私達消費者にとっては嬉しいことですが、単純に喜べることでもありません。

輸入した商品や製品が安くなるということは、日本企業は施策をうたなければならなくなります。
コスト削減です。
生産コストを削減しても足りない場合は、私達の給与や賞与に影響がでます。
企業の利益を圧迫する一番の要因は、人的コストです。
最悪の場合、人員整理などが行われ職を失いかねない状況が生まれます。
給与や賞与が削減されると、消費動向が鈍くなります。
これが日本経済全体に影響することになるのです。

円高になり喜ぶのは、輸入を主体とする企業です。
円高前と同じ価格で販売すれば、仕入れ値が安くなるので利益が上がります
また、海外に旅行に行くために換金する人達にもメリットがあります。
1ドル=150円の時に15万円をドルに換金すると1,000ドルですが、円高の1ドル=100円の時は1,500ドルになります。
海外旅行は円高のときにメリットがあります。

私達にとって円高が良いかどうかは、勤めている企業で変わります。
しかし日本は、基本的に輸出大国ですので、円安を歓迎する企業が多いことは確かなことです。
企業や新聞、TVなどで、為替相場を気にするのは、利益に直結し日本経済全体に影響するからということになります。

FXおすすめ比較一覧
FX初心者向け講座記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。