副業FX初心者向け外国為替取引って何?

FX初心者にもわかりやすく外国為替取引を解説!

FXでは外国為替取引を理解する必要があります。

「外国為替取引は何となくは説明できるけど。。。」
「そもそも外国為替取引って何?」

このような状態でも恥ずかしがることはありません。
誰しもはじめは、同じです。
外国為替取引を、わかりやすく説明します!

外国為替取引とは、2つの種類の通貨を交換する取引のことを言います。
例えば、日本円米ドル豪ドルユーロポンドなどと交換することです。
例は日本円を基準にしましたが、外国通貨から他の外国通貨へ交換することもあてはまります。
例えば、米ドルとユーロを交換することも、外国為替取引です。

日本円をドルに交換することをドル買い円売りといい、逆にドルを日本円に交換することを円買いドル売りと表現します。

為替レートの基本

外国為替取引をするときのレートは、取引のタイミングでの様々な要因で日々変動するものです。
レートが変動する要因は、以下の4つのことが考えられます。

  1. 国の政治や経済の状況
  2. 金利
  3. 貿易収支
  4. 世界情勢

為替レートは、交換する国と日本の状況により決まります。
このことから、円高・ドル安というのは、あくまでも対ドルに対しての日本円の価値ということです。
日本円が全ての国に対して価値が高いということではありません
為替レートは、通貨を交換する2国間のレートということが言えます。

差益と差損って何?

為替取引で、差益は利益を指し、差損は損失を指します。

海外出張や海外旅行に行った経験がある人は、日本円から外国通貨、もしくは、外国通貨から日本円という両替をしたことがあると思います。
為替取引をイメージするのに、両替を思い出すとわかりやすいです。

今からアメリカ行ってきます!

待ちに待った海外旅行の日が近づいてきました。
そろそろ日本円を米ドルに両替しなければなりません。
クレジットカードがあるといっても、10万円位は現金で持っておきたいです。

この時の為替レートが1ドル=110円でした。
両替したら909.09ドルになりました。
これがドル買いにあたります。

旅行に行った時に、全てクレジットカードで支払いを済ませたので、手元にある909.09ドルがそのまま残っています。
帰国した時の為替レートが1ドル=100円に変わっていました。
米ドルを持っていてもしょうがないので、日本円にまた両替します。
この時手元に戻ってきた日本円は、100円×909.09ドル=90,909円です。
これが円買いにあたります。

旅行前の10万円が、90,909円と減ってしまい9,091円の差が出てしまいました。
これが差損です。

逆に帰国時の為替レートが1ドル=120円だとします。
この時に両替(円買い)をした場合は、120円×909.09ドル=109,090円になります。
旅行前の10万円が、9,091円増えました
これが、差益です。

FXでは為替相場の変動に注目!

両替をする時は手数料がかかりますので、実際の差益や差損は上記金額ではありません。
しかし、円相場が動くことで差益や差損が生じるということがわかります。
FXをはじめるということは、為替相場の変動を長期的に、かつ、短期的に判断して売り買いしていくということになります。

FXおすすめ比較一覧
FX初心者向け講座記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

詳しくは下のボタンをクリック!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。