FX初心者の疑問pipsを知らないと大変なことに!

FXの投資家が良く使うpips(ピップス)って何?

FX用語の1つに、pips(ピップス)があります。

「pips??」
「pipsで何で大変なことに?」

FXのことを調べていくとpips(ピップス)を、よく目にすると思います。
pips(ピップス)は、よく理解しておかないと利益計算で大きな誤りを生むことがあるのです。

投資家の間では、100pips利食いができた、100pips下がったら買いだ、など、初心者にとっては意味不明の会話が成り立っています。
FXのpips(ピップス)は、値幅のことをいいます。

値幅って何?

値幅は、具体例をあげるとわかりやすいです。

例えば、米ドルを1ドル100.000円の時に買い、1ドル=100.500円の時に決済すると、50銭の利食いができます。
この50銭の利食いが、値幅ということになります。

FX業者が提示する為替レートは、小数点第三位まで提示するFX業者が一般的です。

値幅の例をあげる時に、利食いという言葉が出ています。
利食いというのは、保有している為替差益が出ているポジションを決済して、利益を確定させることをいいます。
利益が出た時は利食いといい、損失が出た時は損切りと表現します。
利食いを出すためには、欲を出さずに冷静な状況に応じた的確な判断が求められます。

pips(ピップス)がまだ出てきていないけど

前置きで値幅と利食い、損切りはわかったと思います。
ここでようやくFX用語のpips(ピップス)の登場です。

pips(ピップス)は、通貨ペアによる単位の違いを統一したものなのです。
日本円が絡まない外貨同士の通貨ペアで考えるとわかりやすいです。

ユーロを米ドルで、為替レートがユーロ/米ドル=1.10000で買った場合、ユーロ/米ドル=1.11000で利食いすると0.01米ドルの利益が出たということになります。
ユーロをポンドで、為替レートがユーロ/ポンド=0.90000で買った場合、ユーロ/ポンド=0.91000で利食いすると0.01ポンドの利益が出たということです。
利益の額を表す単位がそれぞれ違います。
このような時にFXでは、pips(ピップス)を使用します。

pips(ピップス)の単位価値

ユーロと米ドルで出た0.01米ドルの利益は、100pips(ピップス)です。
ユーロとポンドも同じことがいえます。

円が絡んだ場合の50銭の利益は、50pips(ピップス)になります。
しかしFX投資家の間で日本円の場合は、pips(ピップス)よりも銭のほうが馴染みがあるので、銭で表現することが多いです。
pipsは、1厘=1pipsということになります。
日本円のpips(ピップス)の定義は、日本円の最小通貨単位(1円)の1%=1/100ということです。
これは、日本円だけ特別なものです。

外貨ペアのpips(ピップス)の定義は、0.0001=1pipsと覚えておくと良いです。

ここがあぶないpips(ピップス)の注意点

FX業者が提示するpips(ピップス)は、各業者ごとに違う場合があるのです。
ユーロと米ドルで、ユーロ/米ドル=1.10100で0.0010米ドル利食いが出た場合は、一般的には10pips(ピップス)と提示されます。
しかし、上記と同じ内容で利食いが出た時に、100pips(ピップス)と提示される場合もあります。
FXで、1桁違う認識をしてしまうことは、大変なことです。

FXでpipsを確認する方法は、発注画面でできます。
FXは、オンラインで発注画面を利用して取引をします。
この発注画面にpips(ピップス)も載っています。
例えば、ユーロと米ドルでどの単位のpips(ピップス)なのかを確認することができます。

口座開設をしたFX業者の発注画面で、必ずpipsの単位を確認してください。

FXおすすめ比較一覧
FX初心者向け講座記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。