副業FX初心者向け投資リスクを理解

投資や取引にはリスクは必ず存在する!

FX取引を行う際に、一番不安に感じることはリスクです。

「FXをはじめたいけれどリスクが不安。。。」
「FXのリスクを回避する方法は?」

FXで成功している人でも、はじめての時は同じ思いを持っています。
FXのリスクの不安の解消や、回避方法を知るためには、まずFXのリスクを知ることが一番効果的です。

投資や取引をするということには、必ずリスクがともなうものです。
リスクがない投資や取引はありません

FXを行うことにも、当然リスクが存在します。
しかし、リスクの要因を理解することは、リスクによる損失を最小限に食い止める的確な対処を行うことができます。
要因がわかれば、対処法も考えられるということです。

FXのリスクは何?

FXは、金融商品の中で貯蓄型には該当しません。
FXには、元本保証や長期利息の約定利息もありません。
このことから、為替相場の変動によるリスクなど複数のリスクを理解しておく必要があります。

FXは、レバレッジで保証金の数倍から数十倍の取引を行います。
利益は大きくなる可能性はありますが、損失も同様のことが言えます。
>考えられるリスクに対しての対処法を実行し、多くの利益を獲得することがFXです。

為替相場の変動によるリスク

為替相場は常に変動しています。
短時間で大きく値動きがあることも、まれではありません。
自分自身で予測した値動きと逆の動きをした時に、損失が出ることになります。

FXのレバレッジは、最大で25倍です。
25倍のレバレッジで設定している場合は、1円の値動きで数万円から数十万円の損失が出る可能性があるのです。
為替相場の変動によるリスクを極力少なくするためには、保証金とレバレッジを自分自身で許容できる範囲に設定することです。
損失が許容範囲を超えた設定は、受け止めることができません。

FX業者では、為替相場の変動によるリスクに対応するために、マージンコールという警告を発する仕組みを採用しています。
マージンコールとは、含み損がある一定以上になった時に警告をするものです。
マージンコールも、為替相場の変動によるリスクを最小限に食い止めるのに役立つものになります。

スワップポイントによるリスク

FXの特徴の一つに、スワップポイントがあります。
スワップポイントとは、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買った場合に受け取れる金利差のことです。

FXでいうスワップポイントは、金利差を受け取る、もしくは、支払うことを意味します。
スワップポイントが影響を受ける項目は、各国の金融政策による金利の変動です。
スワップポイントも為替相場と同様に、自分自身で予測した金利が逆の動きをした場合に損失が出ます。
この損失は、レバレッジとも関係が深く、レバレッジを高く設定しているほど損失も多くなり、リスクも高くなるということになります。

流動性によるリスク

流動性のリスクとは、取引する通貨から起こるリスクをいいます。
流動性のある通貨は、取引量が多いもので、メジャー通貨と呼ばれます。

メジャー通貨は、米ドルやユーロ、英ポンド、日本円、スイスフランなどが該当します。
メジャー通貨とは逆に取引量が少ない通貨を、マイナー通貨と呼びます。
マイナー通貨は、豪ドルやニュージーランドドル、南アフリカランドなどが該当します。

メジャー通貨は取引量が多いため、取引する相手が多いです。
取引もスムーズに行えます。
しかし、マイナー通貨は、予測したレートで売買できなかったり、通常よりもスプレッドが広がり、取引条件が不利になる可能性があります。
この他にも、取引制限措置や為替レートの非提示、新規注文などの決済が行われなくなるケースもあります。

流動性のリスクを回避するには、メジャー通貨での取引を行うことで極力リスクを抑えることができると言えます。
しかし、メジャー通貨であっても、政治や経済の不安や金融の不安定さ、紛争やテロ、天災などで、流動性が低下することもあることを頭に入れておいてください。

ハードや回線状況によるリスク

FXの取引は、インターネットを利用します。
パソコンやインターネット回線が何かしらの要因で、インターネットに接続できない状況になった場合は、復旧するまでの時間は取引ができないことになります。
復旧までの時間に為替が大きく変動してしまうと、利益を得る、または、損失を食い止めることができません。
ハード面や回線面のトラブルは、急に起こるものです。

これらの事態に対応するために、ストップロス注文をしておくと効果的です。
ストップロス注文は、ある一定以上の損失が出た場合に、それ以上損失を大きくしないことができます。

この他にFX口座を一つの口座ではなく、複数の企業で口座を開設しておくことも効果があります。
ここでの注意点は、複数の企業であっても同じシステムを導入していないものを選ぶことです。
同じシステムであれば、他の企業であっても同じようにシステムダウンしてしまいます。
違うシステムの企業のFX口座を複数持つことで、仮に1つの企業でシステムダウンが起きても、システムダウンしていないFX口座で取引することができます。

FX取引におけるリスクを知る重要性

FX取引におけるリスクを知れば、例え損失が出た場合でもリスクを最小限に抑えることができます。
これらの施策を講じることは、マイナス要素を削りプラス要素の道を広げることになります。
プラス要素ばかりに目を向けずに、まずはマイナス要素の理解と解消法を知ることが、FXで稼ぐためには重要なことです。

FXおすすめ比較一覧
FX初心者向け講座記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。