FX初心者向けテクニカル分析はカツオになれ!

FXのテクニカル分析で重要なことは土台づくり

テクニカル分析は、FXでは欠かせないものです。

「分析難しそう。。。」
「色々なことを覚えなければいけないのかな?」

心配になりますよね。
FXのテクニカル分析は、様々な手法がありますが、まずは基本となる土台の知識をしっかりとたくわえなければなりません。

テクニカル分析の手法をバットと例えます。
FXのテクニカル分析の手法である高価な金属バットを持っていたとしても、それを使いこなせる体(テクニカル分析の知識)がなければ意味がありません。
バットを使いこなせる体(テクニカル分析の知識)がないということは、サザエさんのカツオの野球チームの打席に、タラちゃんがたつようなことです。
カツオのようにバットを使いこなせる体(テクニカル分析の知識)を、作り上げることが第一優先事項になります。

FXのテクニカル分析であるバットには、様々なものがあります。
しかし、全ての局面に対応できる魔法のような手法はありません。
FXに慣れてくると、隣の芝生は青く見えるに陥りやすくなります。
これから紹介していくFXのテクニカル分析の手法を、とことん追求して理解を深めるだけで十分です。

FXのテクニカル分析って何?

FXのテクニカル分析は、為替相場の動向のグラフを用いて分析することを意味します。
テクニカル分析は、チャート分析とも呼ばれます。

FXでの分析には、テクニカル分析ファンダメンタル分析があります。
ファンダメンタル分析とは、経済統計を用いて分析することを意味します。

FXでテクニカル分析とファンダメンタル分析のとらえ方

FXで、テクニカル分析とファンダメンタル分析どちらを重視するかという疑問が生まれると思います。

テクニカル分析とファンダメンタル分析は、FXの取引手法により重視する比率が変わります。
しかし基本的には、為替相場に対しての幹となる考えや方向性をファンダメンタル分析で行い、売りと買いの判断に行うのがテクニカル分析という考えで良いです。

FXで、ファンダメンタルズに動きがない可能性も考えられます。
この場合は、テクニカル分析を基準にしたFXの取引を行うということになります。

FXのテクニカル分析で使用するグラフには、上部に値動きを表示したチャートとテクニカル分析下部にオシレーター系のテクニカル分析を表示しているものが一般的です。

テクニカル分析には、トレンド系オシレーター系の2種類があります。
トレンド系は、為替全体の流れを読み取る指標になります。
それに対して、オシレーター系は動きの大きさを読み取るものです。

FXの為替相場は、振り子のように一定の範囲で変動するのが一般的です。
しかし、一定の範囲を超える為替相場の変動が起きた時は、FX取引を考えるタイミングということが言えます。
為替レートが通常の時と比較して、高すぎる、あるいは、安すぎるというチェック項目になります。

オシレーター系のテクニカル分析の種類

オシレーター系のテクニカル分析は、結果として為替相場の値動きを分析するものです。
オシレーター系のテクニカル分析も、更にわけることができます。

  1. モメンタム
  2. ROC
  3. RSI
  4. ストキャスティック
  5. ADX

そろそろお腹いっぱいの頃だと思うので、今日はここまで!

FXおすすめ比較一覧 FX初心者向け講座記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。