副業FX初心者向け取引はどこでするの?

FXの取引場所を初心者にもわかりやすく

FXは、外国為替の取引です。
では実際に、FXはどこで取引が行われるのかも疑問に思うところです。

「外国為替市場ってどこにあるの?」
「FXは外国為替市場に行かないと取引できない?」

これらの疑問ありませんか?
外国為替の取引の場所となる外国為替市場についてまとめます。

外国為替の取引は外国為替市場で行う!

外国為替市場という言葉は、TVなどで耳にしたことがあると思います。

よく聞くのが東京外国為替市場です。
東京外国為替市場とは、ニューヨークとロンドンを含めて世界三大市場と呼ばれます。
東京外国為替市場と聞くと、立派な建物があるものと想像しがちですが、建物などは存在しないバーチャルなものです。

為替市場はバーチャルネットワーク

為替市場とは、電話や通信回線で世界各国の昼の時間帯を連続させ、24時間つながっているバーチャルネットワークです。
国や銀行、機関投資家、企業、個人などは、このバーチャルネットワークの市場で、24時間取引ができるようになっています。

FXは24時間取引可能?

FXのメリットとして、24時間取引可能であることをあげている企業が多くあります。
FXは24時間取引可能ですが、一つの為替市場で取引できるわけではありません。
上記で記載している通り、為替市場は世界各国の昼の時間帯を連続させて、24時間取引を可能にしています。
このことから、各市場の特徴などを良く理解し取引を行う必要があると言えます。

FXの主な為替市場

FXの取引では、オセアニア市場やアジア市場、ヨーロッパ市場、ニューヨーク市場が主な為替市場になります。
これらの市場の特徴を知ることで、FX取引が上達することができます。
各市場の特徴を大まかにまとめます。

外国為替市場の1日のスタートはオセアニア市場

外国為替市場の1日のスタートは、地球で一番早く1日が始まるウェリントン市場からはじまります。
順序として、ウェリントン市場の後にシドニー市場、東京市場という順番でスタートすることになります。

ウェリントン市場がスタートする直前は、ニューヨーク市場が終了する間際です。
特に取引で注意しなければいけないのが、月曜日です。
土曜日や日曜日に何かしらの出来事がおこり、月曜日のウェリントンやシドニー市場で為替レートが大きく変動することがあります。
平日であれば、ニューヨークの午後と時間帯が重なり、ニューヨークのディーラーが取引していれば、ウェリントン市場がスタートした時点で流動性が大幅に変化することはありません。
ウェリントン市場やシドニー市場は、ニューヨーク市場からアジア市場への橋渡し的存在としてとらえているディーラーが多いです。

オセアニア市場の特徴は、流動性が低いものなので一度相場が荒れるとなかなか収拾がつきません。
オセアニア市場での取引は、注意が必要と言えます。
また、月曜日の為替レートが前の週の金曜日の終値から大きく離れたレートで取引されることがあります。
このことを一般的に窓と呼びます。

窓の特徴は、前の週の金曜日の終値に向かって為替レートが変動する傾向があることです。
この傾向を窓が閉まると表現します。
しかし、窓が閉まるのは必ず起こることではありません。
窓が閉まることを予測した取引をする場合は、ストップロスを設定することで流動性のリスクを極力最小限にとどめることができます。

アジア市場は値動きが穏やかなのが特徴

アジア市場は、東京や香港、シンガポールなどが含まれます。
アジア市場は、ニューヨーク市場の値動きと比較すると、変動幅が少ない特徴があります。
値動きが少ないので、箱の中に納まっているような動きをすることから、ボックス相場もしくはもみ合いと呼ばれます。
このことから、アジア市場では大きな利益をねらいにくく、コツコツ利益を高めていく取引が多くなります。
しかし、ストップロスの設定は行うことは必要です。

ヨーロッパ市場の主戦場はロンドン市場

ヨーロッパ市場の取引量は、圧倒的にロンドン市場が多いです。
ロンドン市場の特徴は、ユーロと欧州通貨、もしくは、ポンドと欧州通貨などのクロス取引が活発であることです。
ヨーロッパ市場の注意点は、イギリスや欧州の指標により、今までのチャートの動きと全く関係の無い動きを見せることがあり、大きく相場が変動することです。
また、ロンドン時間の16時の時間帯に大口の取引が出てくる場合が多くあり、マーケットに大きな影響を与えることがあります。
このことをロンドンフィキシングと呼び、取引で注意することとして頭に入れておく必要があります。

ニューヨーク市場の流動性は大きい

一日の終わりに位置するニューヨーク市場は、ヨーロッパ市場と半日重なっています。
ニューヨーク市場が終了する時は、オセアニア市場が始まります。

このことで注意する点は、ニューヨーク市場がヨーロッパ市場と重なっている午前中の時間帯です。
ニューヨーク市場の午前中の流動性は、他の市場と比較するとはるかに大きな動きをみせます。
更に、アメリカ系ファンドはクセ者が多く、午前中の時間帯に取引を多く行います。
アメリカの経済指標で、相場が激しく変動する特徴があります。

デイトレードはニューヨーク市場を避ける!

ニューヨーク市場の激しい値動きを予測するのは、難しいことです。
FXは、24時間取引可能ですが、アジア市場とヨーロッパ市場が開始される時間までで予測をたて取引を行うことをオススメします。
経済指標により変動幅の大きいヨーロッパ市場やニューヨーク市場で戦うよりも、日本円とドルで取引を行うことが予測を立てやすいです。
仮に、ヨーロッパ市場やニューヨーク市場で勝負をする場合は、経済指標に神経をとぎすまし即座に判断することが求められます。

FXおすすめ比較一覧
FX初心者向け講座記事一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。