副業初心者向け!ポイントサイトはどう選ぶ?

副業や在宅ワークで、初心者でも取り組みやすいものの一つにポイントサイトがあります。

「ポイントサイトの数があり過ぎてどうやって選べば良いの?」

このように感じる人も多くいます。私のブログでも、「副業初心者向け!ポイントサイトおすすめ一覧」でおすすめのポイントサイトを紹介しています。「これじゃ物足りない!」という欲張りなみなさんへポイントサイト選びの基準をまとめた記事になります。

ポイントサイト選びは4つの基準がある!

ポイントサイト選びの基準は4つあります。

  1. ptの有効期間
  2. pt最低交換数
  3. 金銭の要求
  4. 安全三種の神器

ポイントサイトに登録する前に、これら4つの項目を必ずチェックしてください。基準を全てクリアしているポイントサイトは、安心して安全に副業や在宅ワークとすることができます。

初心者向けポイントサイトの選び方

ポイントサイトをいざ選ぼうとすると、ポイントサイトの数に圧倒されると思います。全てのポイントサイトが安全かというと、100%安全と断言できないふとどきなポイントサイトがあることも事実です。悪徳ポイントサイトに騙されないために、明確な基準を持つことが重要になります。

ポイントサイトの稼ぎ方は、非常に地道でコツコツとした作業が続きます。しかし、ポイントサイトで小遣いにできる金額は、登録しているポイントサイトの数に比例します。より多くの安全なポイントサイトを開拓して、登録数を多くすることが安定した小遣いを稼ぐことにつながります。

短いのはアウト!ptの有効期限の長さ

ポイントサイトごとにptの有効期限を設けています。pt有効期限がないものも中にはありますが、だいたいのポイントサイトでは簡単な条件クリアをしないとptを失効してしう仕組みです。ptを失効してしまうこと自体が問題ではなく、ポイントサイト選びで重要なことはpt有効期限の長さにあります。

ポイントサイトのpt有効期限は、1年単位のものが一般的です。しかし、ポイントサイトによっては3カ月でptを失効してしまうpt有効期限の短いものも中にはあります。ポイントサイトでptを稼ぐスピードは決して速いものではありません。地道にコツコツ貯めていくことが基本になります。このことからわかるように、1年未満のpt有効期限は、ちょっと怪しいです。

仮にptの有効期限が短くとも、pt有効条件が期間中にログインなどであれば、ユーザーのリピートを狙った施策であるので問題は無いでしょう。ptの有効期限が短く、かつ、ptの失効条件が換金や他社pt、ギフトコードに交換することであるポイントサイトは要注意です。最低pt交換数にもよりますが、pt交換を失効条件にするポイントサイトはあまり良いポイントサイトとはいえません。

今はインターネットで口コミをすぐに確認できます。ポイントサイトの口コミは、登録ユーザーの正直な意見なので、ぜひポイントサイト登録前の参考にして欲しいです。「pt失効期間が短かすぎて、pt交換できずに失効した」、このような内容の口コミが多いポイントサイトは登録しないでください。

高すぎるのはアウト!最低pt交換数

ポイントサイトのpt交換レートは、1pt=1円のものもあれば10pt=1円のものもあります。ポイントサイトの最低pt交換数は、現金にすると300円~1,000円程度が一般的です。現金に換算して1,000円を超える最低pt交換数である場合、そのポイントサイトに登録することはおすすめしません。

ポイントサイトの稼ぐ基本は、日々のコンテンツ消化です。現金に換算して1,000円を超えるptを最低交換数に設定されると、そこまでのptを貯めるのに長い期間を要します。最低pt交換数が1,000円以上のポイントサイトは、自分たちが得られる報酬がある程度貯まったところで、いつのまにか消えてしまうことが考えられます。

ptの有効期間も大事ですが、最低pt交換数もポイントサイト選びの重要な基準です。この点もインターネットの口コミで容易に判断できます。高!と感じたポイントサイトの登録はやめましょう。

ポイントサイトがユーザーに金を請求したらアウト!

ポイントサイト登録時に、何かしらの金銭を請求してくるポイントサイトは論外です。ポイントサイトがなぜ成り立つのかは、ユーザーが広告やサービスを利用することでクライアントから還元される報酬になります。このことから、あえてポイントサイトがユーザーに登録料などを請求する必要がないのです。

ポイントサイト業界の競争も激しいものがあります。ポイントサイト登録ユーザーに金銭を要求することは、ユーザー確保という視点で全くプラスに働きません。金銭請求があった時点でそのポイントサイトはアウトです。

ポイントサイトの安全三種の神器を確認!

ポイントサイトがどれだけユーザーに対して安心感を提供しているかということも、ポイントサイト選びでとても重要なことです。私が今からあげる安全三種の神器をクリアしているポイントサイトは、個人情報管理などが徹底されていてポイントサイトを利用する安心感は非常に高くなります。

JIPCに登録している

「JIPC(日本インターネットポイント協議会)」に加盟しているポイントサイトは、ユーザーとクライアントの利便性やサービスの向上を掲げています。「JIPC(日本インターネットポイント協議会)」の定義を引用します。

日本インターネットポイント協議会とは

日本インターネットポイント協議会とは、インターネットポイント・マーケティング業界の啓発活動と健全なる発展を促進するために、ポイント発行及びポイント流通に関わるインターネットポイント・サービス提供者で、オープンかつフェアな情報交換と情報の発信を行い、利用者、サービス参加企業、広告主の満足度向上に寄与することを目的とした非営利団体です。

 

出典:JIPC(日本インターネットポイント協議会)ホームページ内概要より http://www.jipc.jp/about/

「JIPC(日本インターネット協議会)」は、依頼主及び利用者に対してのサービス向上を掲げ、両者が互いに安心で安全な利用を行うことを目的とする団体になります。「JIPC(日本インターネットポイント協議会)」に登録しているポイントサイトは、私達ユーザーはもちろんクライアントの利便性も追求しています。どのような施策を行えば、ユーザーとクライアント両者の満足度が上がるのかも議論し実行します。

「JIPC(日本インターネットポイント協議会)」に加盟しているポイントサイトかどうかは、ポイントサイト内でJIPCのバナーでも確認できますし、JIPCのホームページでも確認することができます。

プライバシーマーク付与サイトであること

プライバシーマークは、Webぺージを見たことがある人は一度は目にしたことがあるものです。プライバシーマークが認定されるためには、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者のみに認定され、プライバシーマークをサイト内に表示を許可されます。

プライバシーマークがあるポイントサイトは個人情報の管理が徹底されており、ポイントサイト自体から個人情報が流出することはありません。

SSL対応は今や常識!

SSLは、アドレスの頭が「https://~」であるポイントサイトです。GoogleもSSLを推奨しており、Webアドレスの脇に「保護された通信」が表示されるなどの優遇措置が取られています。

SSLは、インターネット上でデータを暗号化し送受信する仕組みであり、第三者への情報漏洩を防ぐものです。最近のポイントサイトでもSSL対応にリニューアルしたものも増えており、ポイントサイト選びの安全面での評価基準になります。

ポイントサイトは楽しんで小遣いを稼ぐもの

ポイントサイトを副業や在宅ワークにすることは、一番リスクが少なく楽しみながら報酬を得ることができるとてもおすすめの手段です。ポイントサイトは、クライアントから得る報酬の一部をユーザーに還元している広告塔のようなものです。ポイントサイトで報酬を得ることは全くうしろめたいものではありません。

私達がポイントサイトを利用することで、ポイントサイトも儲かりクライアントも儲かるという、俗にいうwin・winの関係なのです。ポイントサイトでは、ネットショッピングはもちろんサービスの申込やアプリダウンロードなど色々な方法で簡単に稼ぐことができます。

ポイントサイトごとの特徴を理解して、一緒に上手に小遣い稼ぎをしましょう。

 

ポイントサイトおすすめ一覧

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

詳しくは下のボタンをクリック!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。