ランサーズがあなたを救う!副業・復業で稼げる5つの法則

「クラウドソーシングでは稼げない?!」一生懸命にブログで訴えている人も見かけますが、はたして本当に正しいのでしょうか?稼げないなんて書かれていたら、クラウドソーシングに登録したくなくなりますよね。クラウドソーシングといえばランサーズ。そこで今回はランサーズだけに注目して、副業や復業として成り立つのかというのがテーマです。

さらにランサーズで稼げる体質になるには、どうすれば良いのかも解説します。はたしてランサーズの実態はどんな感じなのでしょうか?

XSERVER申し込みリンク。XSERVER申し込みリンク。広告
目次

クラウドソーシングは稼げない説の間違っている3つの特徴

写真:仕事で成功するイメージ。
クラウドソーシングは稼げない説を伝える人の傾向は、Webライターで稼ごうとするケースに多く見られます。Webライターって認められてなる職業ではなくて、自分が肩書きを名乗った日からなれる不思議な職種。こんな状態なので受け入れの間口も広いし、文字単価もまちまちなのは当然です。稼げる額は別にして、誰でも稼げる可能性が高いのがWebライターということ。

何となくたくさんの記事を眺めていて感じたのは、クラウドソーシングは稼げない説を唱えるケースに3つのパターンがありました。

  1. 簡単に考えすぎている
  2. 工夫が足りない
  3. 欲が出ている

まずはクラウドソーシングの間違った考えの3つのパターンから解説してみます。

クラウドソーシングは稼げない説の間違い1:簡単に考えすぎている

日本人だから文章なんて簡単に書けると本気で考えているために、勝手に稼げる妄想だけが大きくなっているパターンです。確かに日本人なのですから文章くらいは書けます。ただしクライアントから求められる文章を、はじめから書ける訳ではありません。紙には紙の、ネットにはネットの文章を書くコツがあって、それを自分の物にするには勉強と経験が必要です。

文章を書くコツを手にしていないのにまともな文章を書けるはずもなく、提案しても採用されなかったり、採用されても書き直しが求められたりして時給がとても安くなってしまいます。

クラウドソーシングは稼げない説の間違い2:工夫が足りない

自分のアピールの仕方が悪かったり、作業を効率よくする勉強が足りなかったりして、結局わずかしか稼げない人は結構クラウドソーシングの文句をいっています。アピールというのはプロフィールの書き方のことで、作業効率はパソコン操作のことです。アピールがしっかりできていなければ受注もしにくいですし、パソコン操作が遅ければ時給に影響します。

自分自身の工夫が足りなければ、どのような働き方でも稼げません。ちょっとした工夫ができずにクラウドソーシングで稼げないというパターンです。

クラウドソーシングは稼げない説の間違い3:欲が出ている

受注する件数が増えてくるとクラウドソーシングの手数料が損している気分になって、稼げないと騒いでいるパターンです。特にWebライターは文章を書けば書くほどスキルが磨かれて、説得力のある記事を執筆できるようになります。だけど記事を書く件数が多くなるとライティングスキルが上がるのは誰にでも当てはまることであって、その人だけが特別な訳ではありません。

ライティングスキルが上がってきて、少し自信過剰になってしまって愚痴に近い文句をいっています。

XSERVER申し込みリンク。XSERVER申し込みリンク。広告

クラウドソーシングは稼げない説が間違っている3つの理由

写真:どうしてかわからなくて疑問を感じる女性。
特徴がわかっても間違っている理由がわからないと、なかなか働く気になりませんよね。自分も同じように感じてしまったら、なんて考えたらクラウドソーシングを敬遠してしまいます。ここからはクラウドソーシングは稼げない説が間違っている3つの理由の解説です。一体どんな理由なのでしょうか?

クラウドソーシングは稼げない説の間違っている理由1:簡単ではない!

どんな仕事にも共通することですが、いきなり破格の待遇を受けるにはそれなりの武器や実績がなければかないません。ドラフトで1位指名を受けるくらいの大きな武器や実績です。Webライターは受け入れる間口の広いのが魅力になります。大型新人だけしか稼げないなら受け入れる間口は相当狭まりますよね。

Webライターのスキルアップをする経験を積む期間は何年単位ではなくて、早い人では1か月から3か月程度でコツを掴めるものです。仕事への取り組み方次第で、得られる結果は大きく変わります。

クラウドソーシングは稼げない説の間違っている理由2:全てに工夫を!

クラウドソーシングで稼げる人は本気で稼ごうとしているために、需要のある仕事のリサーチや業務効率化を怠りません。一言でライティングといっても、旬なテーマは時期によって変わります。また、執筆スピードは時給に直結するので、極力マウス操作をしないショートカットキーで時間を短縮するのです。

旬なテーマを把握していればプロフィールでアピールできますし、キーボード上で作業をほぼ全て完結できると1日の執筆量がとても増えます。

クラウドソーシングは稼げない説の間違っている理由3:仕事を取ってきている訳ではない!

クラウドソーシング上にある案件は自分自身で取ってきた仕事ではありません。また、個人でクライアントとの業務調整もする必要がなくて、支払いの管理をする必要がないのです。確かにクラウドソーシングのシステム手数料だけを見ると高く感じるかもしれません。簡単にあげた例だけでも業務に携わるたくさんの人が動いています。

そんな業務をこなす必要もなく、案件に集中することができるクラウドソーシングのシステム手数料は決して高い設定ではないと考えられるのです。

XSERVER申し込みリンク。XSERVER申し込みリンク。広告

こんなに違うの?ランサーズで稼げる5つの法則

写真:仕事で成功する男性。
働く場所を選ばずに稼げる仕組みを作ったのがランサーズ。スタート当時はWebデザインが主力となってランサーズの基盤を支えていました。このため現在でもランサーズといえばWebデザインと頭に浮かぶ人がいるほどです。

しかし、現在のランサーズはオールマイティに案件を抱えていて、他のクラウドソーシングよりも圧倒的に稼ぎやすくなっています。ここからは本題のランサーズが稼げる5つの法則についての解説です。

ランサーズで稼げる法則1:初心者におすすめランサーズディレクター案件!

クラウドソーシングに登録したばかりの頃は実績がないために、どうしても仕事の報酬が低くなりがち。早く稼ぎたいから高単価の案件に提案するけど、実績がなくて採用されないという負のスパイラルに陥りやすいです。どうすればまともに稼げるようになるのか悩んでしまいますよね。

そんな時はランサーズのディレクター案件に申し込みましょう。事前にしっかりとしたポートフォリオは必要になりますが、Webライターでも文字単価1円以上の案件にチャレンジできる可能性が高いです。ランサーズのディレクター案件は本数も多くて、継続案件も豊富にあります。

ランサーズで稼げる法則2:意外と大切!メッセージ機能

ランサーズには返信率というのも表示されるようになっています。案件を受注してからのクライアントとのメッセージのやり取りを、しっかりと行えるランサーかを判断する大切な機能。24時間以内にきちんと返信できていれば、OKということです。顔が見えない仕事だからこそメッセージはちゃんと返信して、クライアントを安心させたいですよね。

ランサーズはランサー側でもクライアントがメッセージを確認したかどうかが「未読」と「既読」で表示されるようになっていてとても安心できる仕組みです。

ランサーズで稼げる法則3:安心なクライアントかという判断

クラウドソーシング初心者が一番迷うのは、提案しても大丈夫な案件かということ。ネットで不特定多数の人がやり取りできるのは働き手だけではなくて、クライアントにも同じことがいえます。この案件に提案しても大丈夫というのは、クライアントの中にもこの環境を利用して悪さをする奴らがいるからです。

ランサーズはクライアントも「本人確認」と「機密保持確認」、「電話確認」の3点が表示されるので、安心できる案件に応募しやすい仕組みになっています。

ランサーズで稼げる法則4:丁寧なサポート

一方通行のサポートであることが多いクラウドソーシングですが、ランサーズのサポートは感激するほどです。認定ランサーでなくても一人の小さな声にも対応するランサーズの姿勢は、他のクラウドソーシングにはあり得ません。仮にルールを守らないクライアントを発見したとして、連絡した数時間後には違反をするクライアントは退会処分になるという対応の早さ。

如何にランサーズが働き手を大切にするかがわかり、何故これほどまでにランサーズが規模を拡大することができたのかの理由がわかります。

ランサーズで稼げる法則5:スキルテスト

ランサーズのプロフィールには自分が対応できるスキルが登録できるようになっていて、スキルによってはテストを受けられます。ランサー登録していても意外とスキルテストを受けている人が少ない印象。スキルテストを受けて一定ラインの点数を取れればプロフィールにその結果が反映されて、点数が低ければプロフィールはそのままの状態です。

ランサーズが実施するスキルテストで基本的な知識がある証明になるため、実績やポートフォリオを充実させる前にぜひ受けておくのをおすすめします。

XSERVER申し込みリンク。XSERVER申し込みリンク。広告

ランサーズで効率よく稼ぐための3つのコツ

写真:コツを説明する女性。

せっかく稼ぎやすいランサーズに登録したのですから、最短ルートで稼げる体質になりたいですよね。そこでここからはクラウドソーシング全体でも通用する、ランサーズで効率よく稼ぐための3つのコツを紹介します。どんなコツがあるのか気になりますね。

ランサーズで効率よく稼ぐコツ1:丁寧で細やかな対応

クライアントが一番気になるのが仕事の進捗と出来栄えです。ネットで仕事のやり取りをするので当然仕事の進捗はわかりませんし、品質も納品されるまでわかりません。一定の品質を保てるようにレギュレーションを用意しますが、微妙なニュアンスが伝わらないこともあります。また、人がする仕事に完璧はなく、納期に間に合わないなんてこともあるでしょう。

クライアントは品質を高めるための質問は大歓迎です。そしてペナルティーがあったとしても、できるだけ早くに納期に遅れそうなら連絡すること。仕事では当たり前のことができていないケースをたくさん見かけます。

ランサーズで効率よく稼ぐコツ2:本体に近づく!

クラウドソーシングを経由しなくても自力で稼げるようになるのが最終目標。その目標を早く達成するにはランサーズ本体との距離が近くなるほど期間も短くなります。実は一般公開していない隠れ案件が存在していて、このような案件にチャレンジできるかどうかが稼ぎに大きく影響するのです。

このことから考えてもランサーズのディレクター案件は、稼げる体質となる最短ルートとなります。

ランサーズで効率よく稼ぐコツ3:日々の案件チェックを怠らない!

ランサーズでは、毎日相当の数の新規案件が掲載されます。毎日チェックしておかないと、自分の得意ジャンルがいつの間にか締め切られてしまうなんてことも。稼ぎやすい案件を常にチェックしておくのも稼げる体質になるにはとても大切です。

毎日最低でも1回はランサーズの新規案件をチェックして、取りこぼしのないように注意しましょう。

XSERVER申し込みリンク。XSERVER申し込みリンク。広告

ランサーズでみんな幸せになろう!

写真:成功してスキップをする女性の姿。

ここまでクラウドソーシングで稼げないという人の特徴と稼げるという理由、ランサーズで稼げる5つの法則と3つのコツを解説してきました。はっきりいってランサーズは稼げます。後はどの程度稼ぐことに本気になれるのかが大切です。ランサーズを活用してみんなで幸せになりましょう!

写真:タブレットやパソコンを使ってFXをする様子。
最新情報をチェックしよう!
XSERVER申し込みリンク。XSERVER申し込みリンク。
お名前.com申込リンク。お名前.com申込リンク。
広告
NO IMAGE

XSERVER

安いのに早いレンタルサーバー「XSERVER」!
10日間お試しプラン付き!!

CTR IMG