レンタルサーバー専用サーバー(マネージド)契約オススメ一覧

レンタルサーバーのオススメは専用サーバー(マネージド)!

アフィリエイトで一番避けたいエラーが、503エラーです。
503エラーになりにくくするためには、専用サーバーのレンタルサーバーと契約することが効果的です。

「どれが専用サーバーなのかわからない。。。」
「専用サーバーはどれがオススメ?」

確かにレンタルサーバーといっても、数が多すぎて比較しようにも大変です。
専用サーバーは、共有サーバーと比較すると、安いものではありません。
契約に失敗したくはないですよね。

専用サーバーの中でも、マネージドが手間もかからずにオススメできます。
専用サーバー(マネージド)のオススメを紹介します!

専用サーバー(マネージド)のオススメは5つ

レンタルサーバーで専用サーバー(マネージド)で、オススメできるのは以下の5つです。

  1. KAGOYAのマネージド専用サーバー
  2. WADAXレンタルサーバー専用サーバーフルマネージド
  3. シックスコア専用サーバーフルマネージド
  4. さくらのマネージドサーバ
  5. @YMC専用サーバーマネージド

専用サーバーも、データ保存方式で種類が分かれる場合があります。
HDDSSDです。

「HDD?SSD??」

なんとなく聞いたことがあるけれど、しっかり理解はできてないかなぁという感覚ありませんか?
オススメ専用サーバー(マネージド)を紹介する前に、データ保存形式のHDDとSSDの違いを説明します!

HDDとSSDの違い

HDDは、古くからパソコンでなじみのあるハードディスクドライブのことです。
最近は、HDDではなくSSDを搭載している機種が増えてきています。
パソコンでもシェアを広げてきているSSDですが、HDDとの違いは?と聞かれると、はっきり答えられる人は少ないと思います。

SSDとは、Solid State Driveの略で、記憶媒体が半導体メモリであることが、磁気ディスクのHDDとの大きな違いになります。
フラッシュメモリも、半導体メモリの一種になります。
フラッシュメモリは、USBメモリSDカードで聞いたことがあると思います。
フラッシュメモリの仕組みの大容量版が、SSDということになります。
SSDは、内蔵型のものやUSBを利用するものなど、様々なものがあります。

HDDは、Hard Disk Driveの略で、内蔵された磁気ディスクにデータを記憶させ、大容量のデータを保存することができます。
SSDが台頭するまでは、HDDがデータを保存する装置を独占していたので、現在も広く普及しています。

SSDのメリットはスピード・静か・省エネ・構造による強さ

SSDのメリットととして、特に大きなことは4つあります。

  1. スピード
  2. 静か
  3. 省エネ
  4. 構造による強さ

SSDのメリットであるスピードは、HDDの構造と比較するとわかりやすいです。
HDDは、内蔵ディスクにレコード盤と同じように読み書きをさせます。
このため、記憶させるのに時間がかかるものです。
SSDは、書き込み単位をブロック単位で行うため、内蔵ディスクと比較すると記憶させる時間が短くすみます。
SSDは、内蔵ディスクよりも、数倍から数十倍の書き込み時間の短縮ができ、HDDで慣れているユーザーにとっては、驚異的なスピードを体感することができます。

また、SSDは駆動部分がありません。
駆動部分がないということはSSDに大きなメリットを生み出します。
HDDと比較すると、静かであり、省エネで、振動による影響を受けにくいという数多くのメリットをそろえる要素になります。

SSDのデメリットは価格の高さ・容量・寿命

SSDのデメリットは、3つあります。

  1. 価格の高さ
  2. 容量
  3. 寿命

SSDはメリットだけではありません。
まずSSDのデメリットとして大きなことに、価格の高さがあります。
SSDは、HDDと比較すると後発です。
HDD程の普及や定着がまだありません。
このことから、SSDが一般的に普及し、価格がHDDなみになるまでにはまだ時間がかかりそうです。

最近は、SSDでも大容量のものも登場していますが、HDDとの比較となるとまだ対等とはいえません。
このことから、容量面で物足りなさを感じる人もいることになります。

SSDの寿命に関しては、レンタルサーバーでは考慮する必要はないことですが、自分自身でUSBメモリやSDカードを購入した時のデメリットとしてとらえてください。
SSDと同じ仕組みのフラッシュメモリを採用しているUSBメモリやSDカードには、書き換え回数に上限があります。
このことから、HDDと比較すると寿命が短いということがいえます。

しかし、Webに携わっているユーザーにとって、高速アクセスできるSSDは非常に魅力があるものです。
Webでの作業を行う上で、ストレスを感じることがありません。

KAGOYAのマネージド専用サーバー




KAGOYAのマネージド専用サーバーの魅力は、なんといっても驚異のコスパ力です!
マネージド専用サーバーでありながら、初期費用1万円以下で月額3,000円以下で利用できるのです!
この料金は、アンパンマンのジャムおじさんとバタコさんが妖精だったという位の驚きです!

もちろん、SSD対応の高スペックプランもあり、幅広いニーズに対応できるレンタルサーバーと言えます。

HDDプランは、6種類用意されており、CPUはAtom(1コア)~Xeon(8コア×2)まで、メモリーも2GB~32GBと幅広いラインナップになっています。
HDD容量も320GB~2TB×4まであり、上位プランでは、RAID構成を採用しています。

SSDプランは、4種類用意されています。
CPUはXeon(4コア)~Xeon(8コア×2)まで、メモリーは16GB~32GBまでになります。
SSD容量も1TB×2で統一されていて、RAID構成もバッチリです。

運用・管理も、24時間365日技術者が常駐していますので、安心して仕事に打ち込めます。

詳しくはこちらからVVVV
>>>クラウドよりも安い!? 月額3,000円以下の専用サーバー(物理)

WADAXレンタルサーバー専用サーバーフルマネージド




WADAXレンタルサーバーの専用サーバーフルマネージドのプランは、3種類あります。

マネージドプラン1は、CPUをXeon E3(4コア/8スレッド)を搭載し、メモリ16GB、HDD容量SAS2TB(RAPID10)です。
マネージドプラン2は、CPUをXeon E5(8コア/16スレッド)を搭載し、メモリ16GB、HDD容量SAS2TB(RAPID10)です。
マネージドプランSSDは、CPUをXeon E5(8コア/16スレッド)を搭載し、メモリ16GB、SSD容量400GB(RAPID1)です。

WADAXレンタルサーバーのプランで注目したいのは、超高速SSD対応プランがあることです。
読み書きのストレスを感じずに利用できるといえます。

また、RAID構成を導入している点も、データの消去トラブルを防ぐことに役立ちます。
マネージドプランSSDで標準装備されているRAID1は、2本のハードディスクに同じデータを転送するので、1本のハードディスクに障害が起きたとしても、もう1本のハードディスクでサーバー稼働できます。

マネージドプラン1と2で標準装備されているRAID10は、ハードディスク4本以上で構成され、データを分割して保存するうえに、ミラーリングをして冗長化します。
HDDで起こり得る耐衝撃性の障害に強いものといえます。
マネージドプラン2では、RAID10のまま、オプションでHDD容量を4TBまであげることもできます。
また、マネージドSSDを、オプションでRAID10に変更してSSD容量を800GBまであげられます。

WADAXレンタルサーバーでは、RAPID構成自体のオプションもあり、マネージドプラン2では、RAID5に変更しHDD容量を6TBまであげることが可能です。
RAID5は、ハードディスク3本以上で構成して、データを分割保存します。
データを分割保存する時に、バリティという冗長コードが作成される特徴があります。
2台以上のハードディスクに障害が出ない限り、安定して稼働できます。
大容量や高速処理を重視する人に、オススメのRAPID構成になります。

WADAXレンタルサーバーでは、24時間365日多彩な監視メニューを提供しており、ユーザーはサーバー状況を気にする必要がなく、安心して仕事に打ち込めます。

また、WADAXレンタルサーバーは、サポート面も充実しています。
365日間、電話・メール・問い合わせフォームからの無料サポートを実施しています。
24時間ではありませんが、サポートへの問い合わせのつながりやすさは好評です。

詳しくはこちらからVVVV
>>>WADAXの専用サーバー ラインナップ

シックスコア専用サーバーフルマネージド




シックスコアの専用サーバーでは、CPUはXeon 6コアメモリは24GB搭載しています。
HDD容量も1,000GBと大きなものになります。
RAID構成は、RAID10を採用しており、RAID1のミラーリングとRAID0のストライピングから、高速処理性能と高耐障害性を実現しています。

また、回線も2Gbpsと高速・大容量を使用しているので、ストレスフリーで仕事ができます。

更に、シックスコアはフルマネージドサーバーなので、共有サーバーと同じ感覚で利用することができます。

シックスコアは、安定した稼働と高速通信を可能にするレンタルサーバーです。

詳しくはこちらからVVVV
>>>レンタルサーバー シックスコア

さくらのマネージドサーバ




さくらのマネージドサーバは、大きく分けるとスタンダードシリーズパフォーマンスシリーズエンタープライズシリーズの3種類あります。
各シリーズに、SSDプランHDDプランがあり、更に、CPUによりプランがわかれます。

スタンダードシリーズは、Xeon 4コア 3.4GHzの1種類です。
パフォーマンスシリーズは、Xeon 6コア 2.4GHzの1種類です。
エンタープライズシリーズは、Xeon 4コア 3.4GHz・Xeon 10コア 2.4GHz・Xeon 14コア 2.4GHzの3種類です。

メモリも、各プランごとの設定や増設により、8GB~1TBまで対応しています。
容量も十分なものと契約でき、480GB~3.84TBまで各プランごとに幅広いです。

回線面も、グローバル回線で標準100Mbpsローカル回線で1Gps~10Gbpsと安定して通信できる環境です。

また、専任スタッフが24時間365日保守していますので、緊急トラブルがあったとしても最短で復旧できる環境を整備しています。

詳しくはこちらからVVVV
>>>さくらのマネージドサーバ

@YMC専用サーバーマネージド




@YMCの専用サーバー(マネージド)のプランは、2つです。

メモリが2GBのマネージド2000と、メモリが4GBのマネージド4000になります。
メモリの増設も、オプションで増設可能です。

容量は、両プラン共通で500GB×2あり、1ソフトRAID構成ですので、1台のHDDで障害があったとしても、もう1台のHDDでデータを保護する措置がとられます。

CPUは、IntelのデュアルコアCore 2 Duoを使用しています。
デュアルコアとは、1つのCPUに2つのコアが入っており、1つのものと比較すると、消費電力と発熱が改善され、性能も上がっています。
デュアルコアCPUが、現在は主流になっています。

また、24時間365日サーバー監視もされているので、トラブル対応の整備もされています。

詳しくはこちらからVVVV
>>>面倒な事はおまかせ!@YMCの「マネージドサーバー」

アフィリエイト稼げるおすすめ一覧 副業アフィリエイトレンタルサーバー選びのコツ レンタルサーバー記事一覧 503エラーなんかに負けないぞ!最近の共用サーバーがすごい件

 

WordPress特化型サーバーおすすめ一覧

 

VPSおすすめ一覧 HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

スマホのレシート撮影で経費の管理も楽ちん♪

まずは無料お試し期間でfreeeを体験してみてください!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。