副業アフィリエイトのレンタルサーバー選びのコツ

広告

アフィリエイトを本腰いれるならレンタルサーバー契約は必要!

本気でアフィリエイトで稼ぐためには、多少のコストをかけることは必要です。
しかし、独自ドメインと同じように、レンタルサーバーも非常に多くの数の会社が運営しています。

「どのレンタルサーバーにしたら良いかわからない。。。」
「VPSとかクラウドって何?」

このような疑問にあてはまりませんか?
どのレンタルサーバーが良いのか迷うのは当然のことです。
レンタルサーバー選びのコツをまとめますので、参考にしてください。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、在宅ワークアフィリエイト独自ドメイン取得メリット」でもふれた通り、インターネット上の家のようなものです。
独自ドメインでインターネット上の住所を取得しても、家がないと郵便物が届きません。

基本的には、独自ドメインを取得したサービス会社と同じサーバーをレンタルするのが、初期設定をする時に簡単になるのでオススメです。

しかし、ドメインを取得した会社と違うレンタルサーバーと契約しても問題はありません。
アフィリエイトでは、独自ドメイン+レンタルサーバーを契約して、WordPressでブログを作成するのが一般的です。
制限のない自由度の高いアフィリエイトブログを、運営することが可能になります。

レンタルサーバー選びの基準は503エラー!

ブログを運営して一番注意しなければならないのは、503エラーです。
503エラーとは、レンタルサーバー運営会社が同時アクセス数の上限を設定して、アクセス数の上限を超えた時に、訪問者の閲覧を制限してしまうことです。
503エラーが出てしまった時は、その間せっかく訪問してくれた人達がWebページを見ることができなくなっています。
アフィリエイトでは致命的なことです。

レンタルサーバー選びの基準は、503エラーが出にくいサーバーを選ぶことが重要になります。

では、503エラーが出にくいサーバーとはどういうものになるでしょう?
503エラーを回避するためには、自分だけの専用サーバーであることと回線速度がカギになります。

コストにばかり目がいってしまうと、1台のサーバーを複数のユーザーで使用する可能性が高くなります。
しかし、現在はレンタルサーバーを安く契約できる時代になっています。
一概に安いからダメというわけではなく、料金以上のスペックを提供しているものもあります。

契約する選択肢にいれているレンタルサーバーが、どのようなスペックであるかをしっかりと見極めることが必要です。
503エラーが出にくい条件は、共有サーバーより専用サーバーを選択することです。

なぜ503エラーが起こる?

アフィリエイトの集客方法として、SNSからの流入は大きな項目になります。
SNSからの流入は、記事の内容により瞬間的に大量の訪問を招くことがあります。
こういう時に、共有サーバーの場合は、1台のサーバーを複数のユーザーが使用しているので、他のユーザーに影響がでてしまいす。
他のユーザーへの影響を避けるために、運営側が同時アクセス制限をかけます。
共有サーバーは、同時アクセス制限の設定が厳しいものが多いです。

アフィリエイトでは、運営しているWebページを閲覧してもらわなければ、成果はゼロです。
喜ばしいことである大量アクセスが、共有サーバーでは足かせになる可能性があるのです。

共有サーバーと専用サーバーを比較すると、専用サーバーのほうが料金設定は高めです。
しかし、503エラーになり報酬を得るチャンスを失うことのほうが、アフィリエイトではデメリットではないでしょうか?
安定したレンタルサーバーを選ぶことは、アフィリエイトの報酬の先行投資であるといえます。

また、専用サーバーは、複数のサイトを安定して吸収してくれます。
複数の共有サーバーと契約するよりも、専用サーバーが結果的にコストを抑えることができている場合もあります。

503エラーを出さないためのポイントは、4つあります。

  1. 回線が強いサーバー
  2. サーバーのスペック
  3. 自動バックアップサービス付き
  4. サポートの充実

ネットワーク回線の強いサーバー

ネットワーク回線が弱いと、アクセス数の急増に対処できなくなります。
回線がパンクして、サービスが停止してしまうのです。

例えば、「100Mbps共有」だったとします。
1Byteは8bitなので、「1KB/s=8Kbps」ということになります。
画像などを豊富に使い、あるページの容量が「350KB」あったとすると、閲覧するのに「2.8Mbps(2,800Kbps)」かかるということです。
「100Mpbs共有」なので、100 ÷ 2.8 ≒ 36になります。
36アクセスで回線オーバーしてしまうということです。
36アクセスは、普通に起こり得るアクセス数です。

このことから、レンタルサーバーを比較する時の目安は、ネットワーク回線「1Gbps」位は最低限欲しいところです。

サーバーのスペック

サーバーのスペックとは、CPUのクロック周波数メモリの容量のことです。
CPUのクロック周波数とは、秒単位でどのくらいの計算ができるかという表示になります。
CPUで、3GHzや2.6GHzなど見たことがあると思います。
クロック周波数は、単純に数値が高いもののほうが、処理速度が早くなるということです。

メモリも同じように容量が高いほうが、より快適にWebページを閲覧できます。

ここで注意点が一つあります。
サーバーのスペックが高かったとしても、共有サーバーの場合は1台のサーバーを複数のユーザーで使用するので、安定したスペックを得ることができない可能性があります。
サーバーのスペックでも、専用サーバーが安定した稼働という点でメリットがあります。

自動バックアップサービス付き

「間違って消去してしまった(;・∀・)」
「誤操作でWordPressの画面が真っ白に。。。」

こんな事態でも、自動バックアップ機能があれば安心です。
自動バックアップサービスは、思わぬトラブル回避のために不可欠なものです。

サポートの充実

サポートも重要です。
サーバーは、24時間365日稼働しています。
トラブルはいつ起こるかわからないものです。
契約しようとしているレンタルサーバーのサポート体制はどうなっているのかを、必ず確認してください。

一番ベストなサポートは、365日24時間、電話なりメールなりでの対応可能な会社です。
この点を考えると、無料やあまりにも安価な料金のサービスではなかなか難しいことになります。
サポートが充実しているということは、その分人件費がかかっているということです。
人件費がかかる分、コストは高くなると言えます。

レンタルサーバーの種類

現在は、レンタルサーバーを安く契約できる時代です。
しかし、安かろう悪かろうでは意味がありません。
各会社のスペックを良く比較し、自分の運営するサイトに見合ったレンタルサーバーと契約する必要があります。

しかし、前述している通り「専用サーバー」や「共有サーバー」など、レンタルサーバーには5つの種類があります。

  1. 共有サーバー
  2. 専用サーバー(マネージド)
  3. 専用サーバー(ルートフリー)
  4. VPS
  5. クラウド

1の共有サーバーは、友達数人で一軒家を借りるイメージです。
友達によっては騒音に悩まされたり、大家さんが決めたルールがあります。
自由なものとはいえません。
共有サーバーの内容をまとめると、以下の通りです。

  1. サーバーのスペック:低い
  2. 自由度:低い
  3. 管理:サーバー会社
  4. 他ユーザーの影響:受けやすい
  5. 503エラー:出やすい

2の専用サーバー(マネージド)は、広い一軒家を借りて常駐の管理人がいるイメージです。
部屋の広さや間取りなどは、自分の思うままに設計でき自由度が非常に高いです。
しかし、自由に設計して良いかは、常駐の管理人の許可が必要になります。

常駐の管理人は、サーバーの知識に長けた人なので、不正アクセスの監視やサポートを受けることができます。
専用サーバー(マネージド)をまとめると、以下の通りです。

  1. サーバーのスペック:高い
  2. 自由度:普通
  3. 管理:サーバー会社
  4. 他ユーザーの影響:受けない
  5. 503エラー:出にくい

3の専用サーバー(ルートフリー)は、同じく広い一軒家を借りるイメージです。
しかし、常駐の管理人はいません
常駐の管理人がいないぶん、専用サーバー(マネージド)よりも少し安価です。

自由度が一番高いのですが、不正アクセスの対処や全ての責任を自分で負うことになります。
専用サーバー(ルートフリー)をまとめると、以下の通りです。

  1. サーバーのスペック:高い
  2. 自由度:高い
  3. 管理:ユーザー自身(専門的な知識が必要)
  4. 他ユーザーの影響:受けない
  5. 503エラー:出にくい

4のVPSは、一般的なマンションを借りているイメージです。
マンションですので、同じマンションの住人に迷惑をかけないための規約があります。
しかし、マンションで定められた規約の範囲内であれば、自由に使用できます。
VPSをまとめると、以下の通りです。

  1. サーバーのスペック:高い
  2. 自由度:高い
  3. 管理:ユーザー自身(専門的な知識が必要)
  4. 他ユーザーの影響:仮想サーバーだが、受けにくい
  5. 503エラー:出にくい

5のクラウドは、超高級マンションを借りているイメージです。
超高級マンションですので、VPSよりも料金は高いです。
借りた一室は、自由に使えます。
しかし、生活するための環境を自分で整える必要があります。
瞬間的な訪問者の急増があっても、仮想サーバーが追加できます。

レンタルサーバーで一番オススメの種類は専用サーバー(マネージド)

レンタルサーバーの理解も深まったと思います。
5つの種類の中で、一番オススメなのは専用サーバー(マネージド)です。
503エラーも出にくく、自由度も高く、なおかつ、管理人付です。

初心者である不安も少なく、自由に利用できる点でオススメです。

[su_button url=”https://ikumen0924.com/rentalserve-dedicated-server” style=”soft” background=”#2d64ef” size=”10″]専用サーバー契約おすすめ一覧[/su_button]

 

[su_button url=”https://ikumen0924.com/rentalserver-sharedserver” style=”soft” background=”#2def97″ size=”10″]503エラーなんかに負けないぞ!最近の共用サーバーがすごい件[/su_button]

 

[su_button url=”https://ikumen0924.com/rentalserver-for-wordpress” style=”soft” background=”#2d64ef” size=”10″]WordPress特化型サーバーおすすめ一覧[/su_button]

 

[su_button url=”https://ikumen0924.com/rentalserver-vps-list” style=”soft” background=”#2def97″ size=”10″]VPSおすすめ一覧[/su_button]

 

[su_button url=”https://ikumen0924.com/category/sideline/home-employment/affiliate/rentalserver” style=”soft” background=”#2d64ef” size=”10″]レンタルサーバー記事一覧[/su_button]

 

[su_button url=”https://ikumen0924.com/” style=”soft” background=”#2def3c” size=”10″]HOME[/su_button]
最新情報をチェックしよう!
広告

7wpservers WordPress最適化サーバーの最新記事8件

>フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

スマホ連携で面倒な会計処理が簡単に処理できる!はじめての確定申告の不安を解消します。

CTR IMG