WordPressサーバー選び2018年最新版!特化型で快適に

レンタルサーバーを提供している会社も多数あり、専用サーバーから共用サーバー、VPS、クラウドと種類も豊富にあります。
そのような中で、レンタルサーバープランでの1つのキーワードとなるものにWordPressがあります。
世界的にシェアの高いWordPressに特化したレンタルサーバープランが注目を高めています。
2018年最新版、WordPress特化型のレンタルサーバープランを紹介します。
503エラー回避やWordPressでの作業が格段にパワーアップします。

広告

人気No1CMS!WordPressに注目しないわけがない!

WordPressイメージ
アフィリエイターのブログから大手企業のWebサイト作成まで、全世界で幅広く愛用されているのがWordPressです。

「WordPressに最適なレンタルサーバーはどれ?」
「WordPressを使うしたらレンタルサーバー選びのポイントは?」

レンタルサーバーの数が多くありすぎて、選ぶポイントがわからない気持ち良くわかります。
SEOを正しく導いてくれるWordPressを使うのであれば、一番適した内容や環境のレンタルサーバーを使用したいものです。

Q-Successが2017年12月に、WordPressはCMSのシェアが60%に達したと発表しました。
この数値をインターネットのWebサイト全体に置き換えると、約30%のWebサイトでWordPressが使用されていることになります。
これらの数値は、サザエさんが元新聞記者だったことを知ったときのような驚きがあります。

CMSでブッチギリのトップを疾走しているWordPressは、初心者でもブログやWebサイトを簡単に作ることができ、無料のウィジェットというオプションパーツのようなものでHTMLやCSSの知識がなくとも、多彩な装飾ができるものも豊富にあります。
WordPressでできることよりも、できないことをみつけるほうが難しいといっても過言では無いほど、Web関係者にこよなく愛されているCMSです。

レンタルサーバーにとってWordPressはビックチャンス!

成功するイメージ

圧倒的なシェアを誇るWordPressは、レンタルサーバーにとって大きなビジネスチャンスということになります。
レンタルサーバー業界も競争が激化している現状で、WordPressというビックビジネスチャンスを見逃すわけがありません。

WordPressは動的な作業を多く使用するため、大容量であることが最低限の条件になります。
しかし、各レンタルサーバーごとに、WordPressを使用するための更に踏み込んだ施策を展開しはじめたのです。
その施策は、WordPress専用のサーバー構築をすることです。
そう、レンタルサーバーのテーマは、WordPress特化型です。
WordPressに最適な内容や環境を、WordPressユーザー、もしくは、これから使用するユーザーのためにサーバーを構築・設計したプランが登場しています。

WordPress特化型のレンタルサーバーは何が違うの?

レンタルサーバーの展開している、WordPress特化型のプランと通常のプランは、何が違うのか気になるところです。
WordPress特化型プランを提供しているレンタルサーバーの大半が、3つのキーワードで他のプランとの差別化を図っています。

  1. 高速通信
  2. 表示スピード
  3. セキュリティ

WordPress特化型サーバーに高速通信は欠かせない!

運営するブログやWebサイトで、同時アクセス数発生して順番待ちが長くなると、503エラーが表示され入場制限されてしまいます。
WordPressは、訪問者がページの表示をリクエストするたびに、毎回データベースにアクセスします。
WordPressは、動的にページを作る仕組みなので、503エラーが出やすいCMSなのです。

503エラーに対処をするには、高速通信を可能にするスペックが求められます。
高速通信を可能にするためには、処理スピード回線の太さと高い転送量読み書きスピードなどの早さが必要になります。

快適表示!WordPress特化型で訪問者のストレスがない!

通信の取り決めである通信プロトコルのHTTP/2が、Webページの表示スピードを高めます。
HTTP/1.1の時は、1つのTPCコネクション※に1つのリクエスト(要求)、もしくは、1つのレスポンス(返信)のみ処理することしかできませんでした。
TPCコネクションは、同時に接続できる最大数は6つです。
Webページで表示しなければならない内容が、複雑で量が多い場合は、訪問者への表示時間が遅くなる状態でした。
例えば、画像を多く使用しているページがあったとします。
HTTP/1.1では、最大TPCコネクションが6つであるため、同時にリクエスト(要求)とレスポンス(返信)できる画像枚数は6枚です。
画像枚数が多ければ多いほど、Webページを表示するのに時間がかかるということになります。

HTTP/2のメリットとは?

疑問のイメージ

HTTP/2では、1つのTPCコネクション※で、複数のリクエスト(要求)とレスポンス(返信)が処理できるようになりました。
HTTP/1.1とHTTP/2の大きな違いはこの点にあります。

なぜ複数処理が可能になったかというと、仮想的な通信路であるストリームが加わったためです。
ストリームの効果は、同時にリクエストできる回数が格段に増えて、仮に100枚画像があっても100枚同時にリクエスト(要求)とレスポンス(返信)が可能になったのです。
HTTP/2では、訪問者の表示待ちのストレスを解消することができます。
※TPCコネクション:通信の必要に応じて、動的に生成や消滅を繰り返すもの

高速表示では、キャッシュも重要です。
キャッシュとは、一時的にパソコンが保持しているWebページのデータのことを意味します。
効果のあるキャッシュシステムを構築することで、コンテンツの読み込みスピードを上げることができるのです。

WordPress特化型のサーバーでは、HTTP/2を採用したり、キャッシュシステムを高速化させることで、訪問者のストレスを解消し、SEOの効果も高くすることを可能にします。

WordPressの脆弱性をセキュリティでカバー!

WordPressは、オープンソースで最もシェアを占めるものになります。
しかし、オープンソースは脆弱性が発見されやすいものです。
脆弱性というのは、プログラムの不具合や設計上のミスから生まれる情報セキュリティ上の欠陥のことを意味します。
WordPressユーザーの多さから、WordPressはハッカーの標的にされやすいのです。
レンタルサーバー業界では当然認知されていることで、各社脆弱性に対するケアを行っています。
WordPress特化型サーバーですので、最善のセキュリティを採用しているのです。
他のレンタルサーバープランよりも、更に安心してWordPressを利用することができます。

2018年最新版!WordPress特化型プランオススメ一覧

おすすめイメージ

WordPressのメリットだけではなく、デメリットに対しても最適な施策がほどこされているのが、WordPress特化型サーバーになります。
更に、WordPressで行うブログやWebページの作成を、簡単にするサービスもプラスされます。
全てのCMSやツールをカバーするのではなく、WordPressのためだけのレンタルサーバープランです。

WordPress特化型サーバープランを、オススメしない理由がありません。
既にサイトを運営している人も、これから運営を始める人にも、全ての人にオススメできるのがWordPress特化型サーバーです。

Z.com WP


WordPress専用高速サーバー Z.com WP申込リンク
WordPress専用高速サーバー Z.com WP申込リンク
Z.com WPは、503エラーに対しての施策も十分行われています。

  1. 高速な読み書きができるSSD
  2. 10Gbpsと十分な回線速度
  3. 訪問者制限が無い
  4. ベーシックプラン以上でオートスケール付
  5. 独自のキャッシュ機能で、サイト表の高速化

Z.com WPについては、「503エラーなんかに負けないぞ!最近の共用サーバーがすごい件」でも記載しています。

503エラーが発生してしまうことは、ビジネスチャンスを大きく逃がしていることになります。
503エラーは、同時アクセス数や順番待ちの行列で、レンタルサーバーが強制的にWebページを見ることができない状態にさせることで発生するエラーです。
503エラーに一番効果がある対策は、サーバーに同居人がいない専用サーバー(マネージド)と契約することです。

>>>レンタルサーバー専用サーバー(マネージド)契約オススメ一覧

503エラー対策に、一番効果がある専用サーバー(マネージド)のデメリットは、コストです。

Z.com WPは、共用サーバーでありながら、回線速度が10Gbpsと十分なものがあり、SNSからの瞬間的におこる多くの訪問に対してもオートスケールでケアしています。
オートスケールとは、訪問者の急増時にPHP実行環境を瞬時に増やし、アクセス環境をスムーズなものにするものです。
高速SSDと独自キャッシュ機能で、表示速度のスピードを上げることができています。
また、セキュリティ面でも、不正ログイン防止機能が標準装備されています。

Z.com WPが、WordPress特化型サーバーとしている特徴は、上記にとどまりません。
他のサイトで使用していたWordPressのデザインをワンクリックでコピーできる機能や、Web公開前のテストスペースのステージング環境を提供しています。

他のレンタルサーバーからZ.com WPへの引っ越しも簡単な、「かんたん引っ越し機能」もあります。

Z.com WPのプランは3種類!14日間無料お試し期間付です!

  1. エントリープラン:初期費用1,000円、月払い460円、年払い4,800円(月換算400円)、WordPress数5個、WebSSD容量10GB、メールSSD容量5GB、データ転送量10GB/日、訪問制限なし、メールアカウント無制限
  2. ベーシックプラン:初期費用1,000円、月払い1,240円、年払い12,720円(月換算1,060円)、WordPress数10個、WebSSD容量30GB、メールSSD容量5GB、データ転送量30GB/日、訪問制限なし、オートスケール付、メールアカウント無制限
  3. ビジネスプラン:初期費用3,000円、月払い2,200円、年払い22,800円(月換算1,900円)、WordPress数30個、WebSSD容量100GB、メールSSD容量5GB、データ転送量200GB/日、訪問制限なし、オートスケール付、メールアカウント無制限

※オプション:固定IPアドレス350円/月、独自SSL100円/月、メールアップグレード(容量100GBまで)480円/月

超がつく一番のオススメWordPress特化型サーバーです!

詳しくはこちらからVVVV
>>>低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB
WordPress専用高速サーバー Z.com WPWordPress専用高速サーバー Z.com WP申込リンク

KAGOYA WordPress専用サーバー


KAGOYA WordPress専用サーバー申込リンク
KAGOYA WordPress専用サーバー申込リンク
KAGOYA WordPress専用サーバーは、契約した時点でWordPressが既にインストールされています。
初期費用は無料で月額432円からスタートして、サイト規模やアクセス状況に応じて、コントロールパネルで簡単に必要な容量にグレードアップすることができます。

更に、WordPressを使用した高速表示環境も目をみはる点です。

  1. 1日の転送量が驚異の200GB
  2. 超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」を搭載
  3. 高速SSD搭載

KAGOYA WordPress専用サーバーでの1日の転送量は、レンタルサーバー業界でトップクラスのスペックです。
しかも、超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」を搭載しているのは、KAGOYA WordPress専用サーバーだけです。

また、KAGOYA WordPress専用サーバーでの便利な機能に、最大10GBまで無料で外部サーバーへのバックアップが利用できることがあります。

KAGOYA WordPress専用サーバーのセキュリティ面は、国外アクセス遮断機能やSSL証明書の無料利用、管理画面への不正ログイン防止機能など、WordPressの脆弱性に対してのケアも十分されています。

KAGOYA WordPress専用サーバーのプランは7種類あり、1契約1サイトという特徴があります。

  1. グレード1:初期費用無料、月額432円、仮想CPU1コア、SSD容量20GB、保証メモリー1GB、最大メモリー2GB、データベース容量無制限
  2. グレード2:初期費用無料、月額972円、仮想CPU1.5コア、SSD容量40GB、保証メモリー1GB、最大メモリー2GB、データベース容量無制限
  3. グレード3:初期費用無料、月額2,160円、仮想CPU2コア、SSD容量60GB、保証メモリー1GB、最大メモリー2GB、データベース容量無制限
  4. グレード4:初期費用無料、月額4,320円、仮想CPU4コア、SSD容量100GB、保証メモリー2GB、最大メモリー4GB、データベース容量無制限
  5. グレード5:初期費用無料、月額9,720円、仮想CPU8コア、SSD容量200GB、保証メモリー4GB、最大メモリー8GB、データベース容量無制限
  6. グレード6:初期費用無料、月額30,240円、仮想CPU16コア、SSD容量300GB、保証メモリー8GB、最大メモリー16GB、データベース容量無制限
  7. グレード7:初期費用無料、月額51,840円、仮想CPU32コア、SSD容量500GB、保証メモリー16GB、最大メモリー32GB、データベース容量無制限

KAGOYA WordPress専用サーバープランのグレード7は、半端ないスペックです(;・∀・)

グレード1から様子をみてグレードアップするのも良いですが、KAGOYA WordPress専用サーバーのスペックをみるとグレード4で様子をみるのをオススメします。
Webページの運営をはじめると、様々なアイディアが浮かんできます。
そうなるとWebページの作りも複雑になりはじめ、手の込んだサイトになり容量が大きくなりやすいです。
このことから、CPU4コアと容量100GB、保証メモリー2GB以上ないと、安定した表示やストレスのない表示スピードなどの点で心配です。
KAGOYA WordPress専用サーバーは、グレード4で様子をみながら、状況に応じてグレードアップすることが最適であると考えられます。

詳しくはこちらからVVVV
>>>KAGOYA WordPress専用サーバーKAGOYA WordPress専用サーバー申込リンク

XSERVERのWordPress専用サーバーwpX


wpX申込リンク
wpX申込リンク
wpXは、XSERVERが提供するWordPress専用レンタルサーバー&クラウドサービスです。
wpXでは、自分のWeb運営状況に合わせて、レンタルサーバーかクラウドサービスを選択することができます。

多機能パッケージの1プランであるwpXレンタルサーバーは、こんな人にオススメです。

  • 新規にWordPressで運営するレンタルサーバーを探している
  • WordPressで運営しているサイトの引っ越しを考えている
  • 複数のWordPressを運営したい

wpXレンタルサーバーは、大容量で快適な運営のサポートを受けることができ、1契約で10個までドメイン設定可能です。
メールアカウントは無制限に利用でき、初期費用5,400円、月額1,080円から契約できます。

柔軟なあらゆる対応ができるwpXクラウドは、こんな人にオススメです。

  • 他のレンタルサーバーで既にWordPressでサイトを運営しているが、追加で高性能サーバーを利用したい
  • 既にWordPressで運営しているサイトやメールはそのまま使いたい
  • まずは低コストからスタートして、WordPressは1つで十分

wpXクラウドは、7つのグレードがあり状況に応じて拡張できる特徴があります。
最高グレードでは、月間PV数2,500万のような大規模サイトにもwpXクラウドは適しています。
xpXクラウドのWordPress設置個数は、1契約1サイトで無駄なく運用することができます。
初期費用無料で、月額540円からwpXクラウドを利用できるので、短期運用にも向いています。

詳しくはこちらからVVVV
>>>wpXwpX申込リンク

7wpservers WordPress最適化サーバー


7wpservers申込リンク
7wpservers申込リンク
7wpserversのWordPress最適化サーバーの特徴は、3つあります。

  1. 高速回線
  2. 無制限
  3. セキュリティ

7wpserversの回線は、200Mbps専用回線と太い回線を提供し、転送量はなんと無制限です。
500万人があつまるオウンドメディアでも、安定したWebページの表示を提供しています。

また、7wpserversは、ドメイン無制限で、なんとデータベースも無制限です。
こんなレンタルサーバー見たことありません。

7wpserversのセキュリティも、安心セキュリティ付と自動バックアップ機能付で、安心してWebページを運営できます。

7wpserversの料金プランは、使い放題無制限の1種類、年額9,980円のみです。
使い放題無制限で年額9,980円は安い!

7wpserversは、WordPressでの高速・無制限・安心を破格の料金で利用できます。

詳しくはこちらからVVVV
>>>【WordPress最適化サーバー】7wpservers申込リンク

お名前.comレンタルサーバー賢威パッケージプラン


お名前.comレンタルサーバー賢威パッケージプラン申込リンク
お名前.comレンタルサーバー賢威パッケージプラン申込リンク
お名前.comレンタルサーバーの賢威パッケージプランは、松尾氏率いるウェブライダーが提供するWordPressテンプレートを、単品購入24,800円がなんと19,440円(別途レンタルサーバー料金が必要)と、大変お得な料金で利用できるものです。

検索エンジンの自然検索で上位表示されるためには、根拠のある論理が必要です。
賢威というWordPressテンプレートは、難解なキーワードで上位表示の結果を出し続けているウェブライダーの論理が凝縮されたSEO最強ツールです。
SEOで結果を出し続けるウェブライダーが、制作・運営するサイトの大半で使用しているのが賢威です。

松尾氏の言葉で良く聞く言葉があります。

「お金はビジネスの成功で取り戻せるが、過ぎ去った時間は取り戻すことはできない」

響きますね!
Webブラウザは、GoogleやYahoo!、Bingが主要ブラウザになります。
Yahoo!は、Googleの検索エンジンを利用しています。
この点を踏まえると、検索エンジンのシェアの90%以上はGoogleということになります。
SEOは、対Googleの施策と言えるのです。

ではなぜ賢威は、SEOで結果を出し続けることができるのでしょうか?

SEOが対Googleの施策ということは、Googleの基本方針に沿った施策が評価されるということです。
賢威は、Googleの品質に関するガイドライン-基本方針に的確な施策がおこなわれているのです。

SEOで一番重要なことは、時間の積み重ね=記事の実績が必要であり、即効性のある施策はありません。
しかし、賢威を使用することは、自然検索上位表示の最短ルートになることなのです。
なぜなら、Googleの基本方針に的確なウェブライダーの施策のノウハウが凝縮されているからです。

既にサイトを運営していて、なかなか結果がでないことで悩んでいる人は、賢威をもっと早く使っていれば。。。このように感じることでしょう。
賢威を利用して、自然検索上位表示の最短ルートに今すぐに乗るべきです!

詳しくはこちらからVVVV
>>>驚異のSEO実績!賢威パッケージプラン お名前.comレンタルサーバーお名前.comレンタルサーバー賢威パッケージプラン申込リンク

最新情報をチェックしよう!
広告

7wpservers WordPress最適化サーバーの最新記事8件

>フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

フリーサンス強い味方!確定申告が簡単にMFクラウド!!

スマホ連携で面倒な会計処理が簡単に処理できる!はじめての確定申告の不安を解消します。

CTR IMG