在宅ワークアフィリエイト記事校閲ツール文賢

副業・在宅ワークアフィリエイトライティング校閲・推敲ツール「文献」でSEO・リライトも完璧!

イクメンパパです。

【半額!初期費用3/31迄!申込】【文賢】は100を超える独自の判定ロジックを用い、あなたの書いた文章の改善点を指摘します。

アフィリエイトでテーマ該当品を販売するにあたり、ライティング能力を高める必要があります。ライティング能力向上を、機械で自動的に行えるツールがあると便利ですよね。SEOテンプレートで紹介した「賢威」を提供しているウェブライダーが、ライティング校閲・推敲ツールもサービス展開しています。文章の改善点をリアルタイムで指南する「文賢」です。ライター・ブロガー・編集者・マーケター・広報・経営者、あらゆる立場の人のライティングを支えています。ライティング校閲・推敲支援ツール「文賢」を利用することで、校閲・推敲にかけていたを時間短縮でき、たとえ表現の使用により読みやすく読みたい記事に変化させることが可能になります。恥をかく表現や失礼な表現をなくすこともできます。

ライティング校閲・推敲ツール「文賢」とは

ウェブライダーが提供するライティング校閲・推敲ツール「文賢」とは、書いた文章をチェックし、改善点をリアルタイムで指摘するクラウドツールです。機能はいくつかありますが、それぞれ独立しているので好みの機能だけを利用できます。使い方はとても簡単で、書いた文章を文賢画面に入力するだけです。文賢へ入力するだけで、読みやすく読みやすい記事を作成することができるのです。

「文賢」4つの基本機能

ライティング校閲・推敲ツール「文賢」は、校閲支援・たとえ表現機能・推敲支援機能・アドバイス機能、これら4つの基本機能を搭載しています。文賢の基本機能を使うことで、より豊かな魅力ある美しい日本語のブログ記事作成を可能にします。

1.校閲支援

日本語とは難しい言語です。時間が経ち本来の意味と違った認識で使用されている言葉も多数存在します。例えば「失笑」「潮時」です。「失笑」は、他の人の失敗を呆れて笑うという意味で使用する人が多いですが、本来は笑うのを我慢しても思わず笑ってしまう・吹き出してしまうという意味です。「潮時」は、諦める・身を引く時に使用する人が多いですが、本来は丁度よい時期という意味です。これらの様な、誤認識で使用される表現が多数あります。また、文章を作る時に陥りやすい表現として、「ら抜き表現」「重複表現」です。「ら抜き表現」とは、助動詞の「ら」を抜いた表現を言います。「食べれる」「出れる」「見れる」などが「ら抜き表現」に該当します。「重複表現」とは、同じ意味の言葉を繰り返し使うことです。「必ず必要である」「はっきりと明言する」などが「重複表現」にあたります。

「文賢」では、個別にオン・オフできる7つの校閲チェック項目を使用できます。

  1. 誤った言葉のチェック
  2. 誤った敬語のチェック
  3. 気をつけるべき商標と固有名詞のチェック
  4. 差別語や不快語のチェック
  5. 誤用しやすい言葉のチェック
  6. ら抜き言葉のチェック
  7. 重複表現のチェック

これらのチェック機能を利用することで、世間一般で誤って使われがちな表現を訂正できます。

2.たとえ表現機能

読み手の想像力を膨らますことができる文章は、アフィリエイト成果報酬に大きく影響します。読み手の想像力を膨らますためには、文章表現を豊かにする「たとえ表現」を用いることが効果的です。

「文賢」では、2,000を超える「慣用句」・「ことわざ」・「たとえ話」が用意されています。ワンクリックで挿入でき、なんと毎月バージョンアップされるのです。たとえ表現の面白い例として、「まだ半月もあるのにパケット制限されたときのような絶望感」「アナゴさんがマスオさんよりも年下だと知った時のような衝撃」、などがあります。現代に合わせた非常にうまい表現です。アフィリエイト運営ブログに、これらのたとえ表現が混ざっていることで、読み手の想像力や読みたい意思を上げる効果を生みます。

3.推敲機能

推敲とは、文章を読みやすくするために精度を高める作業を何度も練り直すことです。

「文賢」ではウェブライダーが培ってきたノウハウを、余すところなくふんだんに推敲機能へ盛り込んでいます。また、ユーザー辞書に設定すると、表記揺れ(例:WEBサイトやwebサイトを「Webサイト」に統一する)を指定することもできます。推敲機能では、個別にオン・オフできる14のチェック項目を用意しています。

  1. 接続詞に着目し、論理展開のスムーズさのチェック
  2. 同じ助詞の連続使用チェック
  3. 同じ文末表現の連続使用チェック
  4. 二重否定表現チェック
  5. 一文の読点が4つ以上ないかチェック
  6. 50文字以上の文に読点がないかどうかチェック
  7. 漢字表現のほうが良いチェック
  8. ひらがな表現のほうが良いチェック
  9. カタカナ表現のほうが良いチェック
  10. 句点・記号のあとに改行がないかどうかチェック(初期設定オフ)
  11. 句点・記号以外で改行しているかどうかチェック(初期設定オフ)
  12. 記号の全角統一チェック
  13. 英数字の半角統一チェック
  14. ユーザー辞書設定文字列チェック

4.アドバイス機能

校閲・推敲終了した文章に、詰めのアドバイスを表示します。画面にアドバイス項目が表示されるので、それらを一つずつチェックすると、文章の完成度が飛躍的に高まります。

「文賢」基本機能以外も充実

校閲・推敲ツール「文賢」は、基本機能以外にも「辞書編集機能」や「Google Chrome拡張機能」、「スマホ・PCでの文章表示確認」、「文字数・漢字の含有率確認」が利用できます。

「辞書編集機能」は、オーナー辞書とユーザー辞書があり、複数で使用する場合にはそれぞれ任意に設定可能です。

「Google Chrome拡張機能」は、Google Chromeユーザーであれば誰でも文賢の拡張機能を使えます。拡張機能をインストールすると、左クリックで「文賢に送る」というメニューが追加され、Google Chrome上で文章を文賢に送りチェックできるようになります。

「スマホ・PCでの文章表示確認」は、文賢で文章の入力欄の表示幅を変更できる機能です。

「文字数・漢字含有率確認」は、漢字とひらがなのバランスを確認し、読みやすい文章に作り上げることができる機能です。漢字が多すぎれば固いイメージ、少なすぎれば平易なイメージとなります。このバランスを文賢で確認出来るように、組み込まれています。

 校閲・推敲ツール「文賢」料金

最後に校閲・推敲ツール「料金」です。初期費用と月額費用(1ユーザー追加毎にかかります)になります。

【校閲・推敲ツール「文賢」料金】

  • 初期費用: 10,800円 ⇒ 5,400円(税込)※2018年3月31日迄
  • 月額:1,980円(税込)

現在リリースキャンペーンにつき、初期費用半額です!期間は2018年3月31日迄です!申し込むならお得なキャンペーン中の今しかない!ぜひ申込を!

以上、イクメンパパでした。




詳しくはこちらからVVVV【半額!初期費用3/31迄!申込】
【文賢】は100を超える独自の判定ロジックを用い、あなたの書いた文章の改善点を指摘します。

アフィリエイトおすすめ一覧ページ

 

HOME

Follow me!

面倒な確定申告を簡単にしませんか?

初めての確定申告でも、freeがあれば誰でも簡単に処理できる!

青色申告・白色申告問題なし!

詳しくは下のボタンをクリック!

VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。