WordPressの非公式プラグインは安全か?

イクメンパパです。

副業・在宅ワークでアフィリエイトを行う場合、WordPressとの関わりは深くなります。WordPressをダウンロードした状態で使用しても、使い勝手が良く初心者でも簡単にWebページやブログを運営することができます。更に、管理のしやすさやページの閲覧のしやすさをプラグインで拡張することが可能です。前回の投稿では、プラグインは公式と非公式があることを記述しました。今回は非公式プラグインについて説明します。

なぜ非公式プラグインが存在するのか?

非公式プラグインは、その名の通り公式に登録されていないプラグインです。ではなぜ非公式が存在するのでしょう?代表的な理由は2つあります。「運営しているWebサイトやブログで配布したい」「登録が面倒」、この2つです。せっかく自分で作ったプラグインであれば、自分の運営しているWebサイトやブログで配布することで他サイトと差別化を図りたいということが1つあります。また、プラグインを登録するには英語で申請する必要があります。日本人の英語アレルギーは、他国の人と比較しても相当大きなものです。したがって、日本製のプラグインは非公式のものが多いと言えます。

非公式プラグインを利用するかどうかの判断

プラグインが非公式だからといって、質や機能が悪いということはありません。非公式のプラグインでも優秀なものは数多くあります。しかし、非公式ということを利用して、悪さをするものがいるのも事実です。悪意のあるプラグインや欠陥があるプラグインはあります。非公式プラグインを利用する際は、そのプラグインがどういうものなのかを良く調べ利用することをおすすめします。

公式プラグインと非公式プラグインのインストールの仕方

公式プラグインは、WordPressの管理画面からインストールすることができます。管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックすると、「プラグインを追加」画面になります。この画面でプラグインを検索することができます。使用したいプラグインを検索できたら、インストールは簡単です。検索結果で表示したプラグインに「いますぐインストール」ボタンが配置されていますので、クリックするだけでWordPressにインストールできます。しかし、インストールしただけではプラグインが反映されません。管理画面の「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」で、有効化をする必要があります。これでプラグインの内容が、運営Webページもしくはブログに反映されることとなります。

非公式プラグインは、WordPressの管理画面からインストールすることができませんプラグインのインストールをサーバーに直接する必要があります。サーバーにあるWordPressディレクトリにプラグインをアップロードします。ディレクトリとはフォルダの認識で構いません。「/wp-content/plugins/プラグインの名前」という名前でアップロードできていれば成功です。あとは公式プラグインと同じように管理画面で、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」で、有効化して反映されるようになります。

WordPressプラグイン基本まとめ

WordPressには、公式プラグインと非公式プラグインがあり、プラグインを利用することで運営Webページやブログを、更に管理しやすく閲覧者に見やすいページを提供することができるようになります。公式と非公式の違いで安全かどうかは一概には言えません。そのため、プラグインを利用する際は、情報を集め対象プラグインが安全かどうかの見極めが重要になります。プラグインの使用を怖がる必要はありません。ただし事前調査が必要ということです。プラグインを上手に活用し、素敵なアフィリエイト運営サイトを展開してください。

以上、イクメンパパでした。

アフィリエイトおすすめ一覧 WordPressプラグイン記事一覧

 

HOME